BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

16日(日本時間17日)、米・ラスベガスで開催された世界ミドル級の大一番。WBC、IBF、WBAスーパー王者ゲンナジー・GGG・ゴロフキン(カザフスタン)に、元2階級制覇王者のサウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)が挑んだ一戦は、12回引き分けとなったが、118-110でカネロの勝ちとしたアダライデ・バード女史(米)のスコアは、「ありえない」として大きな議論を呼んでいる。

 

 

カネロをバックアップするオスカー・デラホーヤ氏でさえも、115-113でカネロの勝ちとスコア。「ありえない」の声を上げている一人。そんな状況の中、ネバダ州アスレチック・コミッションのボブ・バーネット事務局長は、「彼女は失敗を起こしたが、不運に見舞われることもある」と話すにとどめ、バード氏のジャッジ活動停止には言及していない。

 

しかし、ネバダ州コミッションではバード氏の元同僚C・Jロス女史が、4年前のカネロvsメイウェザーJrで、114-114(他は117-111、116-112でメイウェザーJr)のスコアを付け、大きな議論を呼んだのを最後にジャッジ活動から遠ざかっている。今後の動向に注目。

WOWOW 24日午前11時・リナレスvsキャンベル 3週連続ビッグマッチ生中継! WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります