BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

16日(日本時間17日)、米・ラスベガスのT-モバイル・アリーナで開催される、世界ミドル級統一タイトルマッチ。MGMグランド・ガーデン・アリーナで約1万人のファンを集めて行われた前日計量は、両選手共にリミットの160ポンドでクリア。

 

 

公表されたファイトマネーは、WBC、IBF、WBAスーパー王者ゲンナジー・GGG・ゴロフキン(カザフスタン)が、300万ドル(約3億3200万円)。元2階級制覇王者の挑戦者サウル・カネロ・アルバレス(メキシコ)は、500万ドル(約5億5400万円)。しかし、これは最低保証額で、PPV売り上げなどによる高額歩合収入がプラスされる。

 

WBC世界フェザー級挑戦者決定戦に出場の。同級2位ジョセフ・ディアス(米・126ポンド)は、20万ドル(約2200万円)。代打出場のラファエル・リベラ(メキシコ・126ポンド)は、1万5千ドル(約170万円)。

 

 

NABF・スーパーバンタム級戦に出場の王者・WBC4位ランディ・カバジェロ(米・121ポンド)は、5万ドル(約550万円)。挑戦者・WBC3位ディエゴ・デラホーヤ(メキシコ・122ポンド)は、8万ドル(約890万円)。

 

WBCコンチネンタル・アメリカライト級&WBAインターコンチネンタル同級王座決定戦。コンチネンタル王者ライアン・マーティン(米・135ポンド)は、5万ドル(約550万円)。フランシスコ・ロホ(メキシコ・135ポンド)は、2万5千ドル(約280万円)となっている。

WOWOW 3週連続ビッグマッチ生中継! 9/17 ゴロフキンvsカネロ  WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります