BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ。チャンピオン田中恒成(畑中)vs同級13位パランポン・CPフレッシュマート(タイ)。13日、エディオンアリーナ大阪。王者の勝利は固いと予想された試合は、田中選手がパランポンの右でダウンを喫する波乱のスタート。

 

 

王者は得意の左ボディから挑戦者を弱らせにかかる。

 

 

田中選手の右眉の出血はヒッティングによるものとされた。徐々に出血が激しくなり、王者はやりづらそう。

 

 

しかし王者は9回、早い右でダウンを奪い返す。だが、ロマゴンに連勝したシーサケット効果か、挑戦者は勝負を諦めずスリリングな打撃戦が展開された。

 

 

王者の連打の前についにレフェリー・ストップ。

 

 

TKOタイム9回1分27秒。

 

 

リングサイドでは年末にも王座統一戦が予想される、WBA世界同級王者田口良一(ワタナベ・右)選手が観戦。

 

 

2度目の防衛に成功した王者は、「大事なところでこういう試合。自分にがっかり」と自嘲したが、熱望する田口選手との統一戦については「やります」と宣言。年内の実現に向けて、舞台は確実に整っているが、左目下の腫れが眼窩底骨折でなければと心配。

WOWOW 3週連続ビッグマッチ生中継! 9/17 ゴロフキンvsカネロ  WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります