BOXING MASTER/ボクシング マスター

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:

世界王座復帰を目指す元2階級制覇王者で、WBO世界フライ級3位のブライアン・ビロリア(米国・帝拳)が、WBO世界同級13位ミゲル・カルタヘナ(米)=15勝(6KO)3敗1分=と対戦。9日(日本時間10日)、米カリフォルニア州カーソン、スタブハブ・センター。

 

 

カルタヘナは4月に日本でWBO世界同級1位の五十嵐俊幸(帝拳)選手と対戦し、3回負傷ドローの結果を残しているという、何やら意味深なマッチメイク。

 

 

ハワイアン・パンチ、ビロリアの強烈な左ボディが、カルタヘナを襲う。

 

 

ビロリアの強打が徐々にカルタヘナを弱らせて行く。

 

 

第5ラウンド。ビロリアの攻撃の前にカルタヘナは防戦一方。

 

 

ノーカウントで試合はストップ。KOタイム5回44秒。

 

 

帝拳と契約し復帰2連勝を飾ったビロリア(36歳)は、38勝(23KO)5敗。WBA5位、WBC5位、IBF7位と主要4団体でランクされる元王者には、再び、世界挑戦のチャンスがやって来そう。今後に注目。

WOWOW 3週連続ビッグマッチ生中継! 9/17 ゴロフキンvsカネロ  WOWOW

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります