ボクシングと大東亜 東洋選手権と戦後アジア外交 「乗松 優 」 | BOXING MASTER

BOXING MASTER

輪島功一選手の試合に感動、16歳でプロボクサーを志し、ボクシング一筋40年。ボクシングマスター金元孝男が、最新情報から想い出の名勝負、名選手の軌跡、業界の歴史を伝える。夢と勇気と感動を与えるブログ。


テーマ:
毎日新聞の「火論 ジムの汗から=玉木研二」に、今夏発売された乗松 優 氏の著書、『ボクシングと大東亜 東洋選手権と戦後アジア外交』が取り上げられている。私も微力ながら、乗松氏がハワイ・カカアコジムまでスタンレー・イトウ先生を訪ねらる、橋渡しをさせて頂いた。その著書は、計り知れない戦争被害でとりわけ反日感情の強いフィリピンと、復興期の日本との間で行われた「東洋選手権」が果たした役割を中心に書かれている。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

ボクシングと大東亜 [ 乗松優 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2016/8/16時点)


20代のはじめ、恐る恐る宮崎市内にあったボクシングジムに入門した乗松氏が、研究テーマとして選んだ、ボクシングを通し戦後史を見直せないか、という着眼点から、膨大な資を基に多岐に渡る取材を重ねて、著書は完成。

・ロッペ・サリエルーーアジアをつないだ希代の興行師。・瓦井孝房ーー周縁に生きる顔役。・田辺宗英ーー聖地・後楽園を率いた憂国の士。・ライオン野口と愛国社ーー大統領に招かれた国粋主義者。・金子繁治ーーボクサーとして、キリスト者として。・矢尾板貞雄ーー忘却された「棄民」との邂逅。・勝又行雄ーー植民地文化の基層へ。・白井義男ーー「日米の合作」によって生まれた日本初の世界王者。


ボクシングの歴史を追う意味において、大変興味惹かれる、見出しが並んでいます。比国へ渡った顔役瓦井氏。何年か前になりますが、瓦井氏を囲んでの食事会に参加させて頂いた事がありますが、さすが顔役という雰囲気たっぷりでした。

有名無名を問わず、生涯ボクシングを愛して心豊かな人たちの記録でもあろう。(火論)

そして乗松氏は、「何かを好きであり続けるという姿勢は、一生の中で唯一無二の価値をもたらす」事を、熱く語ってくれる元ボクサーから教えられたという。

ぜひ、ご一読を!

応援、深く感謝です! ミニグローブキーホルダー赤 ミニグローブキーホルダー青 ミニグローブキーホルダー桃 ミニグローブキーホルダー黒 ミニグローブキーホルダー金  ミニグローブキーホルダーMEX

 

【ミニグローブ・ペアセット】 【ミニグローブ・キーホルダー】  【プロボクサーの減量着】

 

BOXING40年@ボクシングマスター金元孝男さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります