この1年も、あっという間の時間でした。
けれども、大事に過ごしてきた気がしています。

この1年を表す自分の字は「育」でした。

通学時の小学生ひとりひとりを見守りながら、その子の成長を応援できたこと

畑の野菜を愛しみながら、自分の心を育てていたこと

息子の努力、勤勉を少し離れた距離から見守ることができたこと

通りすがりの人や、同じ場所で見守りをしていらっしゃるマダムや、無人販売所に来て下さる方々との良き関係

育むとは、なんて素敵な言葉、、そう思うんです。。

無性に残っている毛糸で何かを編みたくなり、今年の年末は編みもので年を越します。。
息子がやりたいと言ったので、数目編ませてやりました。。また、やりたいと言ってきたら、今度は数段編ませてやろうと思います。


さよなら、2019年

皆さん、2020年もどうぞ宜しくお願い致します虹