Miss Red の新作 | ロキノンには騙されないぞ

ロキノンには騙されないぞ

主に海外音楽雑誌、メディアの評論家たちが高評価をつけている新譜アルバムをチェックしていくblog。日本のインディー興味深い作品も。


テーマ:

Miss Red

K.O.

 

 

扱いがまだ少ない感じはあるが、

各紙高評価。

評論家が喜びそうな音ではあるものの

満点とかそういう高めの高評価はまだない。

 

音数が少なく、

あまり複雑でないリズム。

 

独特の暗い雰囲気にやや DJ レゲェ的な女性ボーカルと重なって

唯一無二な音を作り出している。

 

http://diskunion.net/clubt/ct/detail/1007675529 より

”The Bug、Mark Pritchard、MumdanceそしてAndy Stottがプロデュースに参加して話題を呼んだミックステープ『Murder』の発表以来、リリースが待たれてきたMiss Redが遂にオリジナル・アルバムをリリース!!幾度となくコラボレーションを重ねてきたKevin MartinことThe Bugが全面プロデュースを務める本作は、極悪地下系アンセムすら凌駕した狂気のフローを披露する「Shock Out」や「One Shot Killer」に加え、歪んだゲーム・サウンドに美しいハーモニーを響かせる「Clouds」、ディストピアン・ラメント「War」を含む全13曲を収録。”

 

 

参考

2008年の傑作 London Zoo

The Bug - Skeng

 

 

こんなのも

Mark Pritchard - Beautiful People (Official Video) ft. Thom Yorke

 

 

 

ジャガピオさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス