劇団ステージドア公式ブログ

劇団ステージドア公式ブログ

ミュージカル劇団ステージドアの公式ブログです。
20代から80代まで高齢者が元気な集まりです。
お問い合わせは
(株)サンクアソシエイツ TEL:03-3505-3104 
  e-mail: itokiyoshi@mercury.ne.jp

次の公演を中止します。

 

劇団ステージドア・第29回公演

「カフェ・イルマーレの人たち」

 

 2020年5月9日(土)、10日(日)全4回公演 

  東京芸術劇場シアターウエスト


 

*****************

劇団ステージドアでは劇団員を募集しています!


例えば、定年を迎えて「毎日暇だな。何かやってみたいな」と思っている

中高年男性の方。一緒にやってみませんか。

 

お問い合わせは(株)サンクアソシエイツ まで。

電話:03-3505-3104

e-mail:itokiyoshi@mercury.ne.jp








 

都知事からの週末外出自粛要請を受けて3月28日に再度稽古を休止して以降、劇団員はそれぞれ自主練習をしながら再開できる日を待っていましたが、先週末に稽古場としている公共施設から“5月初旬まで使用を自粛してほしい”旨の連絡がありました。

これで稽古する場がなくなってしまい、芝居を完成させることが不可能になりました。コロナウィルス危機が顕在化した後も、なんとか公演を実現したいという思いでここまできましたが、ついに途を閉ざされました。

 

残念ですが、今年の公演(「カフェ・イルマーレの人達」:5月9日・10日、東京芸術劇場シアターウエスト)を中止いたします。

 

公演を待っていてくださったお客さまには心より御礼を申し上げます。

次の公演で皆様に素敵な芝居をみていただけるよう、劇団員一同健康に留意してこの危機を乗り切りたいと思います。

皆様もお元気でお過ごしになられますよう心より祈念いたします。(M)

 

今日土曜日は再開後3回目の稽古・・・のハズでしたが、ふたたび稽古を休止しました。都下全域に外出自粛要請が出されたことを受けての決定です。新型コロナ感染拡大を抑えるためにはやむをえないですね。先が見えない状況下、悶々とした日々が続きます。(M)

新型コロナウィルス感染防止のため2月下旬から3月中旬まで稽古を休止し、その間は劇団員が集まることも避けていたので、稽古の再開時期や公演実施の可否などについて意見交換することもありませんでした。そこで過日3週間ぶりに集合して意見交換を行いました。

 

全員の意見を踏まえた結果、日々新たな情報が入って来る現況下で公演の可否を判断するのは極めて難しいと考え、基本線として公演実施に向けて稽古を積み重ねることとし、4月中頃に再度判断を試みることとしました。

 

というわけで一昨日は久しぶりの稽古でした。しかし稽古が再開できた嬉しさに気持ちがはやる一方で、休止期間中にお休みモードに入っていた身体はすぐには起き上がってくれず・・・大声を出しているつもりがそうでもなかったり・・・もう、散々でした。(M)

先週政府から大人数が一堂に会する催事の自粛要請が出されたために、演劇や音楽公演の中止が次々に発表されています。筆者自身がチケットを購入して楽しみにしていた公演も中止になりました。観たかった!残念です。

 

劇団の稽古は主に都心の公営施設を利用していますが、劇団員はそこまで電車・バスで通ってきています。片道一時間以上のメンバーも結構います。新型コロナウィルス感染拡大を抑制するための一つのポイントは混雑した交通機関の利用を極力避けること、との観点から3月中旬までの稽古を休止することにしました。

 

3月中旬にどの程度感染抑制の目途が立っているでしょうか?

気を付けて生活しながら、注視していきたいと思っています。(M)

カフェ・イルマーレは港町のカフェ。店は波止場に続いていて、早朝開店の準備をしている時から、岸壁に打ち寄せる波の音、かもめの鳴き声、漁を終えて港に戻ってくる漁船のエンジン音、漁師たちの声、などが潮風に運ばれてくる。そんなお店のスタッフや常連客は皆、スカーフやバンダナを潮風に揺らしながら、忙しく立ち働いたりゆっくり腰かけて本を読んだりおしゃべりをしたり。

 

このスカーフやバンダナ、歌の振りにも使われるのですが、これがなかなかの曲者。ぐるぐる回したり勢いよく振り下ろしたりするのですが、素材によって腰の強さ(?)が違って、“シュッ”と動くものもあれば“ふわり”としか動かないものもあって、揃ってくれません。難題です・・・。(M)