先日、上野にある国際子ども図書館に行きました。

私が学生の頃に開館して、一度行ってみたいと思っていながら、

20年近くたった今頃、初の訪問です。

 

児童書が置いてある部屋に、

「読書補助具」というものが置いてありました。

誰でも自由に使えるようでした。

 

写真撮影ができないようでしたので、

写真は撮れませんでしたが、

このような商品です。

 

「リーディングトラッカー」とか「ハイライトストリップ」とかいう名前のようです。

 

 

 

 

栞のような形で、

本を読むときに行に合わせて読みやすくするものです。

色々な色があって、

自分が読みやすい色を選ぶことができます。

 

インターネットで調べてみると、

ディスレクシアのお子さんが喜んで使っているという

書き込みもありました。

 

ディスレクシアのお子さんや大人でなくても、

一緒に図書館に行った高齢の母などは、

加齢によって本が読みにくくなっているので、

読書補助具を見て「こういうのがあると楽」と言っていました。

私も少し試しましたが、

リーディングトラッカーを当てると読みやすくなりました。

 

まだ使っていない方がいたら、

よかったら試してみてくださいね。