企業さんにしろ、一般家庭にしろ、ネットワークの構築全般を請け負います!

全般的に安値でネットワークを構築してほしいというのであれば、ぜひ連絡ください。

次のメールアドレスあてにメッセージをよろしくお願いいたします。

miyazatost@shirt.ocn.ne.jp


どうか、よろしくお願いいたします。


宮里高橋通信 高橋聡


ここ最近私はあまり漫画を読まないのですが、ふとした瞬間に手に取り、気に入りました。特に日本に住む方すべてに読んでいただきたい漫画です。ここでは1・2巻両方のレビューを交えて描きます。

 

北欧のオタク系女子オーサの日本に来た理由、タイトル通りオーサが生活してみて感じた日本の不思議な点、他オーサの半生などが、ユーモアをもって可愛い絵で描かれています。どれも直観的で読みやすく、言われてみてハッとすることを指摘するオーサは、日本がオタクの理想国だと夢見てきたオーサの滑稽なところもたまに垣間見られて、それはそれで楽しいのです。ですが、オーサが指摘する日本の良さを日本人が気付かないでいたままなのを、彼女なりの見方(パースペクティブ)でオーサが再発見してくれるのは、とても斬新で新しい感じがしました。

 

というのは、今まで日本好きの外国出身の人は大勢いましたが、直接日本に来て漫画やイラストで勝負しようとした海外出身の人はおそらくオーサを含めてそんなにいなかったと思うのです。ですが、オーサはいろんなきっかけでこれを現実にして、4コマ漫画家として現在は東京で暮らしているのです。

 

僕はそこにはオーサなりの独創が良く出ていると思います。というのは、日本で成功するには、ある程度日本のことを知らなければいけない。オーサは好きで日本を知ったので、知識はある程度あった。しかし、僕がいうオーサの独創とは、日本人の好みを日本で暮らしてみて、現実に描いてみたことだ。その日本人の好みとは、日本人は日本をどう見られているかを大変気にしており、外国出身の人から面白おかしくいい点や悪い点を取り上げてくれれば、必ず日本人は喜ぶということです。そこでわかるのは、彼女が磨いた漫画を描くための観察のセンスが、そのまま現実の夢を描き実現するセンスへと通じた、大変素晴らしい成功例です。

 

しかし、僕はオーサは一つ大事なことを忘れていると思います。

というのは、スウェーデンのストックホルムから日本に渡り住み、永住するとは未だに決めていないまでも、あくまでもオーサはその日本に住んでいる段階でスウェーデン人であると同時に、日本人となっているということです。オーサはスウェーデン人かつ日本人なのです。国籍の問題ではなく、心情の問題です。そして、だからこそ我々はオーサの作品に共感を覚え、楽しむことができるのです。

そして、僕からオーサへのメッセージがあるとすれば、4コマも楽しいことし、これかも書き続けてほしいですが、日本に来て本当に書きたいと思っていた漫画のジャンルの話もそろそろ進めて話していけばいいと思います。成功するきっかけはつかんだのですから、必ずオーサは成功します。だから、声と考えをもって新しいジャンルへの挑戦もがんばってほしいと思います。

 

オーサさん、面白い作品をありがとう。僕の方が1歳年下なのに、敬称をつけ忘れましたが、何故かこっちのほうがしっくりくるのでそのままにしておきました。

どうか、あなたに本当の成功が到来きますように。

ヴァーサ朝のクリスティーナ女王がローマに移り住んだ後に諸国をさまよったのとは違って、母国と日本の二つを中心に必ず成功をおさめますようにお祈りします。