第13回 セキュリティとクラウド化

 

第13回レポートです。

ホームページを運営している人のドメイン情報を調べることができる。

 

ほとんどのソーシャルメディア系のアプリはIDが必要になる。このIDは他に知られないものにしているはずなのに知られて勝手に自分のアカウントを乗っ取り、利用されることもある。それは私生活も覗かれていることと変わりないと思う。しかしそういう人はどうやってIDがわかるのだろうか?実際にそれを暴く番組を見たことがある。手口の一つとしてその人の名前(、生年月日など数字やイニシャルなど何通りも考えてやっているそうだ。

プリントにも書いてあるが本人と特定されないものの方がいいとわかった。

スパム対策として、テキストキャプチャ

         音声キャプチャ

         パズル型キャプチャ

                  など

 

ソーシャルメディアの普及で会員登録が便利なソーシャルメディアログイン。

ソーシャルログインの国内はYahoo!、世界はfacebookが過半数となっている。

 

クラウドサービス

クラウドサービスにすることでスケジュールや写真、動画、データを共有できる。クラウド化することで情報を広げ仕事を効率的に行うことができると思う。

 

 

第13回 セキュリティとクラウド化