\募集ったら募集でーす!/


ホルンちゃん、ありがとう。


2022年1月。

ちょうど始まりの月。


SAVE THE RABBITSでは新しいボランティアさんを募集したいと思っています。実はYouTubeのボランティアの一日をまた新しく撮っていてそれのアップと同時に募集をかけようと思っていたのですが、動画を撮り始めて既に数ヶ月経過しておりまして…

尚且つまだ撮り終わってもなく、その後の編集もあるわけです。そんなの待っていたらまだまだ先に…えーん過去のは参考になりそうでならないかな?




SAVE THE RABBITSのボランティアは主にうさぎ達のお世話(ケージの掃除、トイレを洗う、牧草を補充する、お水を変える、部屋んぽをさせる)などおうちでうさぎさんのお世話をしているのとほぼ同じような内容です。


ただし数は38匹います。




いつもうさぎたちの写真しか載せることないので想像つきづらいですがトイレ38個洗うとか、牧草38匹のケージに入れるとか……大変です。


牧草にいたっては、ゴーグルのようなメガネをしている方も多い煽り


もちろんそれだけの数がいましたら時間はかかります。一日仕事になります。


\来てくれる人はいるのかな/


いくらうさぎが好きでも!

これだけ大変だとつらいもんです。


これらをボランティアとしてやるということは、それなりの覚悟もいりますし、やる気や何故SAVE THE RABBITSで保護うさぎたちと関わろうと思ったのか?という理由が明確ではないと続かないと思います。「うさぎと触れ合いたいから花」という理由では続かないので採用も出来ません泣くうさぎ




以前は誰でもいいので来て欲しい、

と募集していました。でもそれじゃダメなんだなと私も思ったんです。やっぱり真剣に携わってもらわないと、ボランティアといえうさぎと関わる大切ななことですから里親さんに胸を張れるように、SAVE THE RABBITSのボランティアであることにも誇りを持って貰いたいと思います。



(ハト?)


今のボランティアさんたちはみんな

長期で活躍してくれている方たちです。


宝塚の施設まで1時間〜2時間くらいかけて来られる方がほとんどです。


年齢は1番若い大学生から、

だいたい平均で30-40代の方です。

平日は仕事で土日がお休みの主婦など、普通の会社員の方が多いです。


うさぎと暮らしている方も

暮らしていない方も半々くらいです。


現ボランティアの皆さんの話を聞いていると、ボランティアさんたち自体は啓蒙的な事よりウサギについて学びたいという方が多くいます。


ボランティアは大変ですが、自分にも何か返ってくることがあると思います。うさぎについて学べるというのはこれだけ多くのうさぎがいるので他では経験できないことも沢山あると思います。




【募集しているボランティアスタッフ】


    

A 土日祝のフル⇢9:00-18:00/月2回〜

B 土日祝のハーフ⇢9:00-14:00(前後)

or14:00(13:00)-18:00/週1〜


C 平日のフル⇢9:00-18:00/月2回〜

D 平日のハーフ⇢9:00-14:00(前後)

or14:00(13:00)-18:00/週1〜



これはクリスマス会のような忘年会!

忘年会は2年ぶりでしたニコニコ

宝塚に移転してから初めて飛び出すハート


みんなでジャミンさんのデザイン画(初期段階)について意見を出し合いましたおねがい

実はこの時からデザインは大きく変わり…キョロキョロ


なかなか全員で集まるようなことは無いですが、それぞれがそれぞれを支えて協力し合える仲です。



こちらのフォームよりご連絡をください。

ぜひ一緒に活動してみませんか?




ラスト24時間