テーマ:Mr.Children
Sun, August 14, 2005 14:30:30

白熱のHIGHER GROUND⑧

7月30日(Sat)のHIGHER GROUND2005の

超私的超ロングライブレポート第8弾!!

ミスチルのステージもついに佳境に…

感動がそこにはありました―。



桜井さんが笑顔でありがとうと
いい、

そしてピアノの音が鳴り出す。
そしてJENのカウントから一気に

壮大なバンドサウンドのイントロへ。


9曲目、HERO


広島のSET STOCKに行った人が

アンコールにこの曲を歌ったよって言ってた事とか

去年の本編もこの曲がラストだったのを思い出したら

胸がいっぱいになって、

会場と共に大きな歓声とクラップハンドをしながら

私は涙があふれてきました。

あっという間に過ぎていったミスチルのステージ、

この曲でサヨナラなのかなって思ったら

切なくなってきました。

でも、切ないながらも

感慨深そうに嬉しそうに歌い、弾き、たたく

ステージの面々を見ていて

この人たちは本当に最高だな、

この人たちの音楽に触れることが

出来て本当によかった…

一方でそんなことも思っていました。

そっと手を差し伸べると、

手を差し出しながら温かい歌声で歌う

桜井さんの魂が宿った歌が

私の体にすーっと溶けていくようでした。

ファルセットが曲の終りに向かうにつれ

力強い叫びに似たものに変わっていく。

それと共に、演奏も更に深いサウンドを奏でる。

桜井さんはもちろん、JENも、中ケーも、健ちゃんも、

サポメンの3人も皆汗だくになっていて

Tシャツはへばりつき、珠のような汗は滴り落ち

髪の毛もぐっしょりと濡れていた。

なのに、彼らは更にチャージをかけてくる。

ここまでであれだけの素晴らしいパフォーマンスをしながら

最後もまた更に見せ付ける彼らの底知れぬ力に

私や会場の観客は飲み込まれていました。

最後はメンバーが顔を合わせ、

力強く、体を使って最後の和音を刻み、

曲に、ステージに終止符を打ちました。


音が鳴り止み、JENの方に顔を向けていた桜井さんが

観客の方に振り返った瞬間、

会場は地響きに近いような

大きな大きな歓声と拍手で彼らに

賛辞や感謝や感動を伝えました。

そんな歓声に包まれて

ありがとうと何度もいい、手を振りながら

7人はステージを去っていきました。



7人の姿が見えなくなり、

ステージの照明が落ちる。

けれど2万人の拍手はやむことはなかった。

いやむしろ更に大きくなり、

リズムがそろって手拍子へと変わり、

その上に「アンコール!!」という合唱が加わる。

もちろんみんな総立ち、スタンディングオベーション。

皆、真っ暗になったステージを見つめ

再びそこにミスチルが現れる事を願った。


しばらくしてステージに明かりが灯り、

彼らが登場してきた!!!

メンバーはアンコールが予想外のものだったらしく

ほのかに困惑を浮かべつつ

でもとても嬉しそうに、笑顔を振りまき

熱狂している観客に手を振ってくれた。

JENはくねくね体を動かしてた(爆

そして再びもとの位置へと各々つく。


桜井さんはJENのもとへ歩み寄り、

二人でヒソヒソ話をしていました。

その様子はモニターにアップで映っていました。

JENが桜井さんに何か尋ねている。

桜井さんが少し手振りを付け、それに答える。

JENは納得の顔を見せ、

それをほかのメンバーにも伝えるような仕草をした。

おそらく、予定外のアンコールに何を歌うのか

その場で決めたのだろう。

~イメージ~

JEN「桜井。で、今から何をやる?」

桜井「それじゃーアレ、○○。■■バージョンで。」

JEN「あーあれね!!(皆にジェスチャーを付けて)

    ○○の■■でいきますから~」

桜井「うん、じゃあいこうぜっ!!」

~イメージ終了~


元気に正面に振り返る桜井さんを歓声が迎える。

それとほぼ同時にJENのドラムが

BPM=118~120のテンポでリズム音を刻む。

リズムに合わせて観客がそれぞれの頭上で

力いっぱい手拍子をたたく。

そして桜井さんはそんな観客に

「みんな~!この曲でお腹いっぱいにして

かえってください~!!」と

桜井スマイル150%で大きく叫ぶ。

リズムを刻んでいたJENがカウントを叫ぶ。

それにあわせて浦さんのキーボードの

流れるようなスケール音が鳴り響く。

そして皆が知っているあの曲へ―!!

Encore、innocent world


ミスチル大ヒットブレイクソング

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

誰もが最高のミスチルナンバーに歓喜をあげました。

喜びの雄たけびなのか、

笑顔が輝いているメンバーへの声援なのか、

感激を超越した悲鳴なのか、

もはや分からないくらい、

皆が盛り上がり、テンションは最高潮に達し、

一つになっていました。

イノセントワールド特有の

手拍子へと変わり、

皆があのキャッチーなメロディを歌詩を口ずさみ、

観覧ではない、参加者として

この会場の中にいました。

2万人の4万本の腕からなる大きな波が

会場をさらに熱くさせていました。

メンバーも会場のお客さんも終始笑顔で

その空間を雰囲気を,そしてこの歌を楽しんでいました。

桜井さんは右に左に駆け回り元気いっぱいに歌う。

大サビでも桜井さんが私たちにふってくれて

皆で大合唱しました♪

浦さんのキーボードはとても情熱的に

修ちゃんのギターは仁王立ちで職人のように

SUNNYさんのコーラスも美しくハーモニーを奏で

JENのドラムは力強く、そして楽しそうに

中ケーのベースとちょんまげはメーター振り切れ状態で

健ちゃんのギターもたくましく力強いサウンドで

桜井さんの歌は全てを包み込んで最高に盛り上げ

その7つのベクトルは合体して

一つの大きなものになっていました。

イノセントワールドってミスチルを象徴するような

そんな歌だなーって思いながら

最高のサウンドに浸って酔いしれていました。

アンコールでやるこの曲はまた違った

格別なものがありました。

最高潮のテンションを保ったまま

曲がついに終わる。

HEROが終わったとき以上の大きな歓声で

ステージの上の7人をたたえ、感動を表しました。

桜井さんが

「みんな本当にありがとう!!センキュー!!!

気をつけて帰ってください!!」といい、

大きく手をふる。

ほかのメンバーもステージの右に左に手を振り

ステージを後にする。

JENと桜井さんはステージの端から端まで

歩き回って手を振り、そして去っていった。


再びステージが真っ暗になる。

その瞬間―

ドーン!!バーン!!

ステージ右後ろから打ち上げ花火が上がる。

真っ暗な夏の夜空に浮かぶ花火は

とても美しかったです。

この花火をステージの後ろから

ミスチルやサポメンもみているのかな

なんて考えたらとても嬉しくて

同じ空間を共有していたことを実感しました。

色とりどり大小さまざまな花火は

200発近く上がりました。

最後の大きな花火が消えた瞬間、

海ノ中道の暑い、熱い夏が終りを告げました。


ミスチルの歌の素晴らしさ

エンターテイメント性と音楽性

最高の思い出を私たちに見せつけ

与えてくれた本当に素敵なステージでした。

もう…本当にサイコーです!!!!!!




やっと全部のステージが書けた。。。

白熱のHIGHER GROUNDシリーズは

次でいよいよ最後。

帰宅するまで、ライブ中の裏話、こぼれ話を

お送りしますわー。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

st-happy725さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

4 ■お腹みたされちゃった♪

★ひゅうさん
桜井さんの名ゼリフ!!
私も書きながら心があったまって笑顔でした(^^)
笑顔いっぱいで本当に楽しい1時間あまりのステージでした。

★ひろしさん
家についた後、記憶が消える前に弟とメモに書き残したんです。
私1人だと結構忘れてる事が多かったのですが
弟とだと思い出すことも多くて割と詳しくかけました★
印象深い事が多かったのも勝因かな♪
でもやっぱりライブは生もの。
見た人だけが本当のよさを感じられるんですよね。。。

★yukavinさん
ロッキンのセットリストは福岡と一緒だったみたいですね。
イノセントワールドは会場が一つになる感じがして
本当によかったです!!
お互い次回のドームチケット当たるといいですね!!
がんばりましょうp(^^)q

3 ■イノセントワールド

日立海浜公園のロックライブのアンコールも「イノセントワールド」だったらしいですよ。私はサザンの出る日に行ったのですが(涙)、両日行った友人が「ミスチルのステージは最高。特にイノセントワールドは良かった~」って感動していました。
桜井さんの笑顔、最近とっても多く見られて嬉しいですよね。もっと、もっと、桜井サンに触れたいわ~。その為にはまずは、ドームチケットをゲットせねば・・!!まだ申し込みも来ないけれど、どうか、当たりますように。

2 ■すごいですね。

 レポートを拝見しました。よくこんなに詳細に覚えてますね。自分もレポートとはとても言い難いものを書きましたが、思い出そうとしても全然覚えてませんでした。
 興奮状態だからなのでしょうか、曲順もあまり覚えてないのです。ましてや、それぞれの曲のメンバーの様子なんてもってのほかです。
 その場にいる時はもちろん大感動、大満足ですが、その感動、満足を終わった後も思い出せれば、2度も3度も美味しいのになぁと思います。
 私にとってのライブはまさに「生もの」です。

1 ■無題

会場にいないのに自然と笑みがあふれてました♪(人´∀`).☆.。.:*
「お腹いっぱいに…~」のところの桜井さんの笑顔が頭に浮かぶ…

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。