「きくり先生は小さな頃から霊感があるといっていましたが、

 いつからその力を自覚されたんですか?」

 

 

 

 

 

 

という質問があったので、お答えしますね。ありがとうございます!

思い当たる記憶は6歳くらいに遡ります流れ星

 

 

霊感のある人にも様々だと思うので、

ワタシの話は参考のひとつとして・・・

 

 

少し前置きが長いのですが、

最後まで見て頂けたら嬉しいですお願いキラキラ

 

 

 

 

 

 

小さなころのわたしは、

お友達と遊ぶのがあまり好きではありませんでした。

 

 

 

いつも女の子2人と、3人で遊んでいたのですけれど、

ムードメーカーのAちゃんが 「かけっこしようよ!」 というので、

快くかけっこをしましたところ、

 

 

当時のわたしは運動神経が良かったので、

余裕の一等賞でした (つまり空気は読めませんでした)

 

 

 

 

 

 

しかし、それでAちゃんは泣き出し、

Bちゃんは泣いたAちゃんを一生懸命に宥めました。

 

 

 

それをみた6歳のワタシは、冷酷にも

「面倒くさいな」  と思ったんです・・・キョロキョロ

 

 

 

 

 

 

それから、お友達と遊ぶと面倒なことが起こってしまうからと、

問題を解決させることを考えるよりも、

 

もっと面白いことを探そうと思ったのでしょう、

 

古い自宅の一軒家にあった庭でひとり遊ぶようになりましたやしの木

 

 

 

 

 

 

季節に合わせて咲く花や、木々の茂り方を見て、

 

それを手入れする祖父母と同じ場所で過ごすのが、

 

とても穏やかで好きで・・・

 

 

 

 

ダンゴムシをつっついて丸めたのを

お肉のタッパーに集めて揺らし

 

「ざざー!ざざー!! 波!!!」

 

とかやっちゃう、無邪気な子供だったんですねwww

 

 

 あの時はすまんかったw

 

 

他にも、ダンゴムシとの切ないストーリーがあったりするんですが、

霊感から離れてしまうので割愛しますが(笑)

 

 

 

 

 

そんなこんなで、木々とふれあい、

 

自然と遊ぶのが好きになったのですけれど、

 

 

 

 

 

 

家を取り壊して土地を売却し、

新しい土地に家を建てるから引っ越す?

 

 

 

 

 

という言葉の意味がイマイチ理解できていなかったので、

 

 

 

ある日、仮住まいのアパートから 「今日はあの庭に遊びに行こう音符と、

庭のある古い家を目指して徒歩で向かったんです

 

 

 

 

 

 

そしたら、家はなくなって、庭もなくなって、

まっさらな土地になっていましたアセアセ

 

 

 

 

そのときのことは、いまでもハッキリと覚えていますえーん

 

 

 

 

本当に何もなくなって、でも、好きだった木の根っこだけが、

 

むしり取られたように、取り残されていました・・・ショボーン

 

 

 

 

 

 

子供心ながらにショックだったのか、

何も言葉を発さず、

土地に足も踏み入れず、

 

 

その後、どうやって帰って何をしたのかは、

全然おぼえていません。

 

 

 

 

 

でもその時、無意識に、

その木がどこに運ばれてしまったのかを探しました。

 

 

 

 

その時、がつん、と霊感のようなものをカッ開いた、

そんな感覚があったんですね。

 

 

 

 

 

 

それから、別に見たいと思うわけでもないのに、

大人をみると変なヴィジョンがあったりとか、

それが何なのかを判別はできなかったんですが、

 

 

いやだな、すきだな、とか、

 

 

そういう端的な感情で判別する感じになっていって、

 

 

霊的に強い場所に連れていかれると

強制的に眠らされたり目眩がしたりと、

 

弊害を感じるようになったように思います・・・

 

 

 

 

 

 

霊感って名のつく強い第六感は、

ワタシ個人の感想ですが、

必ずしもHAPPYな能力とはいえない気がします。

 

(視えると色々と弊害です、お察し頂けると思いますけど・・・)

 

 

 

いろんな人に平等に第六感は備わっていて、

中でも強くそれが出る人に「霊感がある」というのなら、

 

それは、危機感や窮地に立たされて、

はじめて芽生えるものなのではないか・・・

 

そんな風に考えることがあります

(詳しくはまた別記事に)

 

 

 

 

 

それをずっと疎ましく、

厭なものだと思って生きてきたのですが、

色々と、本当に色々と試練も苦難も乗り越えてきて、

 

 

 

ワタシは今、占い師になって、

こんな形で誰かの役に立つ形に活かせたのを、

本当に良かったなって思っています。

 

 

 

霊感があっても、

占い師にならずに普通の仕事をしている人も多くいるって

いろんなひとにお会いして思いましたけど、

 

 

 

中でも、アーティストになられている方に多かったですし、

 

経営者、研究者、どんな職業にでも、

その力を活かしている人っていっぱいいました!

 

 

 

 

 

 

もしどこかに、この記事を読んでいて、

霊感あって面倒くさいとか、辛いとか、

 

 

霊感じゃなくっても、生きていくのに敏感でつらいとか、

感じるひとがいるのなら

 

 

 

 

いろんな道で、いろんな手段で、

その才能を使うことができるんだよって

お知らせしたいです流れ星

 

 

 

 

 

 

 

きくりでした流れ星キラキラ流れ星キラキラ流れ星

 

 

 

星今日も明日もきっといいこと星

リニューアル移転1年目にして結婚成立カップル5組目OK

恋愛をはじめ、経営(個人・法人)など、幅広いご相談内容とお客様層で、

独立経営6年目に突入しますお願いキラキラ皆さまに感謝!

 

 

イエローハート fortune telling "pleiades" きくりなみ 占いサロン イエローハート

〒108-0074 東京都 港区 高輪 1-13-8 松野コーポ301

Official WEB  http://pleiades.tokyo/

 

決済アプリ「Kyash」にて、クレジット決済→WEBマネー決済で支払い可能流れ星

 

ご予約はLINE@からどうぞうさぎ!!

ポイントカードもLINE@でOK らくちんガーベラ