「人は幸福になるために産まれてきている」

 

ということは、誰にでも当てはまる、として、

 

 

 

幸福だと思える人と、そうでない人がいる・・・

その違いは何だと思いますか?

 

 

 

仏教では、人間には煩悩(つまり五欲)があるといいます。

(食欲・色欲・睡眠欲・名誉欲・財欲)

 

 

普通に生きていれば、日常的に次から次へと欲求は出てくるのに、

それを一生かけて満たし切るなんてことは、恐らく出来ないでしょう。

 

 

 

 

 

お釈迦様の教えに、煩悩即菩提(ぼんのうそくぼだい)という言葉があります。

 

 

煩悩の解釈を「欲が溢れ続ける苦しみ」として、

菩提とは「本当の喜び」を意味するそうだから、

 

 

煩悩即菩提とは【求め続ける苦しみを直ぐに本当の喜びとする】

という事ではないかと思うのです。

 

 

 

いつもなら憂鬱な雨の日が、好きな人と雨宿りや相合い傘ができたりしたものだから、

「このまま雨がやまなければいいのにな」とか「今日が雨で良かったな」とか

思えてしまったりします。

 

 

こんな「喜びへの変換」は、私達の日常いたるところに溢れています。

 

 

 

『苦しいと思うところにこそ、実は喜びがある』 苦しみの紙一重に喜びがある。

 

 

 

ならば、人が幸福になる瞬間とは、五欲を満たしている時ではなく、

 

「満足」できるだけの「納得」が得られた時 ではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

★お金がないな、あれもこれも欲しいのに買えないな。もっと美味しいものが食べたいな。

 

という気持ちを、

 

 

☆衣食住に困らず、必要なものが手元にあって助かるな。お腹いっぱい食べれて嬉しいな

 

というように。

 

 

 

 

だから、欲を満たそうとしてもしても、

人は幸せになれる訳じゃないんです。

 

 

 

「幸せだ」「足りている」と感じることこそが、

幸福なのだと私は思います。

 

 

だからもし、貴方が苦労をした経験があるのなら、それは

生きる幸せを感じる為の、喜びに変換できる素晴らしい材料

と言えるでしょう。

 

 

いつもありがとうございます。

お釈迦様の言葉について教えて下さった僧侶さまにも、感謝。

 

 

 

 

菊理なみ

 

 

 

 

---------------- どうして良いのか迷った時が、占いどき ----------------

 

心菊理なみ・対面鑑定のご予約 こちら心

 

麻布十番 Fortune-telling 「pleiades」 ブライベートサロン

 ハート 菊理なみオフィシャルサイトハート

 

 

ニコちゃん菊理なみ・エキサイト電話占い鑑定 こちらニコちゃん

 

りんご Twitter      星どうぞお気軽に

翼 Instagram      フォローして下さい星

 

 

 

hana お手軽に携帯・PCから鑑定できるコンテンツhana

菊理なみモバイルコンテンツ  「愛の救済霊視」ハート

菊理なみiPhoneアプリ 「愛の救済霊視」ハート

禁秘的中※TV局争奪戦【元祖】神の道先案内人 御魂流氣占 菊理なみハート

 

 

----------------------------------------------------------------