dominoグリップとハイスロキット♪GSX-R1000ですよ〜! | Sサプライのメカのブログ

Sサプライのメカのブログ

FUN BIKE! FUN RIDING!!

こんばんは♪

本日はGSX-R1000ハイスロキットとdominoグリップの取り付けをご紹介します。


お買い上げいただいたのはSサプライオリジナル『GSX-Rハイスロキット』とモトサロンさま取扱の『dominoグリップ』です!

赤のグリップはGSX-RのRのロゴの赤色のワンポイントと揃えるイメージです♪


交換前はこんな感じ!


スタンダードのグリップとスロットルチューブを取り外します!


スロットルチューブを取り付ける前にアジャスターを一番縮めておきます。


スロットルチューブを取り付けます。


グリップを取り付けます!


グリップの両端をワイヤーロックをしてバーエンドを取り付けて完成!

当然左側も交換です!


グリップを取り外しますがボンドがたっぷりついてますのでマイナスドライバーをハンドルバーと純正グリップとの間に差し込みグリグリとバーを一周します。

取り外したらボンドを除去します。

以前グリップが回らないようにボンドをつける事がありましたが、最近のレースで使う時は塗りません。

鈴鹿8耐など車体が非常に熱くなる場合は、熱でボンドが柔らかくなりヌルヌルと動くことがあるため何もつけずに取り付けます。

スタンダードのスロットルチューブはグリップが回らないように加工が施されています。

もちろん両端にワイヤーロックはしますが、ライダーによっては中心部分もワイヤーロックをすることもあります。(下の写真でいうとdominoのm部分にワイヤーをします)


こちらもワイヤーロックをしたので完成です。

ハイスロは純正に比べて約80%の開度になるので
サーキット走行はもちろん、街乗りにもおススメです♪

交換も簡単ですので是非〜

ではまた〜♪