フロントフォークオーバーホール!GSX-R1000! | Sサプライのメカのブログ

Sサプライのメカのブログ

FUN BIKE! FUN RIDING!!


テーマ:
こんばんは♪

だんだんと日差しも柔らかくなってきましたね!

きっちりとメンテして楽しいツーリングシーズンを過ごしてください♪

さて今回はお客様のフロントフォークオーバーホールです。

車両は2013年モデルのGSX-R1000です。

中古で購入されたマシンのようで、シールからオイルが滲んでいるのと、もっと快適にツーリングとサーキット走行をしたいとの事で来店されました。

今の現状のマシンの状態を把握したいという事で
セッティングを確認しつつ作業を進めていきます。

ます、フロントフォークを取り外してイニシャルとTEN、 COMPを確認します。

パーツを取り外しながら油面も確認。

お客様と走行のシュチュエーションなどを聞いて現在のネガな部分(フロントの突き上げ感が乗りにくい)の対策や、こうしたい(もっとサスペンションが動いて欲しいなど)という細かな打ち合わせをしました。

まずはバネレートを下げるという方向でスロットルオフでも反応するサスにします。

街乗りツーリングでもストレスなく走れて、そのままサーキットに行ってもプリロードを増やすだけで気持ちよく走れるイメージです。

STDレートが10.5Nなので、9.5Nと10.0Nを入れて9.75Nにします。

もっとプリロードをかけたいですし♪

このバネレートを選択すると手持ちのSTDとの組み合わせで10.25Nと9.75Nも選べるのでどのシーンにも合わせられます。




セットを確認したら傷などをチェックしながらサクサクとバラしていきます♪



きっちりと洗浄してあとはパーツの入荷待ちです。


パーツ待ちのマシーン♪

J・TRIP製のメンテナンススタンドフルセットを駆使して大事なマシンを支えます!

この状態が無敵だと思うのでとっても安心♪

今回はリヤもお悩みがあったので同時進行で解決します!

次回へつづきます〜

ではまた♪

Sサプライ の メカさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ