ラッピングにもひと工夫 | わくわく!さんすう子育て~幼児さんすうインストラクター曽山桂子のブログ~

わくわく!さんすう子育て~幼児さんすうインストラクター曽山桂子のブログ~

かずやかたちが大好きな子ってどんな子?
ブライトスタートってなに?
「さんすう子育て」をテーマに幼児教育のお話をお届けします。
札幌で算数を中心とした幼児教室・数検教室を運営中!
MICさんすうスクール https://www.sssmic.com

モールで作ったキラキラした正多面体。

みんな一生懸命作って、完成したものをくるくる回したり、いろんな角度から眺めたり、お父さんやお母さんに見せたりしていました。

完成品を眺める子ども達はみな達成感に溢れて、満足そうでした。


そんな大切な多面体が持ち帰りの際に壊れてしまったら、とても悲しいですね。

また、モールは扱いやすい反面、切れ端から繊維が飛散してしまうことがあります。キラキラした破片がお洋服についたり、道に落ちては大変です。


なので、出来上がりは透明の袋に入れて、テグスの取っ手をつけて、ミニバッグにして持ち帰ってもらいました。


せっかく作った多面体ですから、帰り道でもたくさん眺めて欲しいなと思って透明な袋を採用しましたが、この透明ミニバッグを喜んでくれる子も多く、嬉しかったです。


多面体作りのワークショップを「多面体を作っておしまい」ではなく、どうやって特別面白いものにするか。

ワーク内容の他にも、ブース作りや、持ち帰り方法など、工夫するところがたくさんありますね。



紙袋に入れて持ち帰ったのと、透明の袋に持ち帰ったのと、きっと子どもたちの気持ちや反応は違ったと思います。
透明の袋を選んでよかった!と、とても勉強になりました。



にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村