Shapes(形)のレッスン

テーマ:
$知育・思考力を伸ばす!グローバルキッズを育てる教育



個人でしているグループや、プライベートレッスンでは、主に小学校低学年を教えている。

この時期の子供たちは、机に座りっぱなしよりも、五感教育がまだまだ生きてくる年齢だ。学びの際に、視覚・聴覚だけでなく、楽しいと思う刺激、肌で感じる感触、そんなものもプラスされると、より記憶に残りやすいとされています。

先日、カナダからきた幼児教育の教授も、このプラスアルファの刺激を重視し、遊びは学びというレッスンを声だかにうったえています!

まる、さんかく、しかく、ひしがた、ほし、はーと、
このような形を学ぶ際の五感レッスンのアイデア。

きんちゃくに、様々な形をしたものをいれておく
目をつぶって、角の有無などから、形を想像する。
一人の生徒は、"What is it?"という質問をなげかけ
形をひいた生徒は" It's a heart"などと予想で答える!

もしくは...、
形をひいた生徒が、"Is it a star?”と想像で聞き
そのパートナーは、"Yes, it is. " "No, it isn't. it's a diamond" と答えさせる。
質問できるチャンスは2回まで!などと決めるのもよい。

というふうに、形を触って、想像し、言葉を思い出し、発話する。
このプロセスがしっかりと脳に記憶として残るのだと思います!

AD