今、注目の門下生② |  超実戦護身術専門家、河合主水の”護身”ブログ

 超実戦護身術専門家、河合主水の”護身”ブログ

元豪ボディーガード、元ブローセル用心棒、現実戦空手道・超実戦護身術師範、河合主水が公開する裏ネタ満載のブログ!
禅・水心流空手道拳誠会館&超実戦護身術SSRセルフディフェンス公式ブログ


テーマ:
前回に引き続き、今注目の門下生を紹介!


今回は熱血オヤジこと、石田辰哉壱級です。

石田壱級もホームページにて紹介中!詳細はこちら


私たちの道場は30代40代の一般が多い。巷で言うおじさん=オッサンの領域だが、若い者に負けないで皆、頑張って稽古している。


$武道家、河合主水の世の中ど~なる!?護身のプロの日常生活



石田壱級はとにかく稽古を休んだ事がほとんどない。これは簡単そうで実は難しい。

大抵は私事=仕事や家庭の事情云々で、続けて道場に通う事は非常に難しいからである。

また、熱血オヤジの愛称通り、若い者には決して気迫では負けていない。武道やスポーツというもの、年齢は非常に重要なファクターである。


人の運動能力は26歳を過ぎてピークとなり、30代前半で徐々に下降していく。スポーツ選手でも30中~後半から現役引退していくのもそれが理由である。

だが、技術や気迫、精神的なものは年齢が上がっていけばいくほど、良くなっていくようだ。


これを芸能界に当てはめてみれば面白い。

音楽業界から、B’Zのボーカル稲葉さんが47歳。EXILEのリーダーHIROさんが43歳。芸能界から福山雅治さんが43歳。歌手でタレントの長渕剛さんが56歳。

皆、精力的に活動している人達ばかりである。

という事は何かと年齢のせいにして怠けているのもどうかな、という事なのかもしれない。


人間、年を取れば取るほどに経験年数が増え、人間味が出てくる、そういう事なんだろう。



石田壱級を見て、まだまだ若い私は頑張らねば、と思う次第である。




恋心~KOI-GOKORO。なつかしい!昔を思い出すな。



Blowin。





1996年のミエナイチカラ ~INVISIBLE ONE~



歌詞が良かった。丁度、豪メルボルンへ渡った時期だから元気付けられたのを覚えている。

夢ならあるはずだ あなたにも僕にでも Oh ~

歌詞はここから

夢を持て!という歌だったから、あの時にはぴったりの歌だったように思う。

その稲葉さんが今や47歳。

こりゃ、まだまだぶっちぎれ!という事だな。













危ない世の中に立ち向かう!実戦護身術講習はこちら!

実戦護身術のSSRセルフディフェンス






超実戦護身術SSR-SELFDEFENSE師範 河合主水さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス