日本の闇にメスを入れた政治活動家の声と活動実績 | 嫌がらせビジネスの全て

嫌がらせビジネスの全て

組織的嫌がらせ犯罪の全てを明らかにします。
犯罪のない社会を目指し、広報係、アドバイザ、他の会の相談役として活動をしています。


テーマ:

組織的嫌がらせや加害組織について言及した動画がありますので紹介します。

 

YouTube【総体革命】日本中の薬害を生み出している創価学会 厚労省、外務省、検察にも創価学会が深く入り込んで医薬品利権、医療犯罪の隠蔽されている 医療犯罪が救済されないカラクリ

 

こちらは政治活動家の演説ですが、同様の内容で国会議員が本にしていたり、国会でも討論された内容ですから、政治的なものに関心のない方も一度ご覧になっておくことをおすすめします。

動画を見る時間のない方のために、街頭演説を書き起こして文書化しました。

 

"沿道をご通行中のみなさま、大変お騒がせしております。
私達は政教分離を求める会と申します。

今日はこちらの近くに創価学会の文化会館が建つそうです。
みなさんは賛成しますか。オウムみたいなカルト宗教は大好きですか。そんな会館が建っていいと思いますか。
でもね建つ予定なんですよ。

公明党、創価学会といえば、創価学会が公明党という政党になっているのは知ってますよね。
公明党が、みなさんの税金で何をしてるか知ってますか。

子宮頸がんワクチンってご存じですか。
厚労省大臣時代に、舛添 要一(議員)が容認しましたけれども、もともと創価学会・公明党がですね、一生懸命押しておりました。
子宮頸がんっていうのは、交渉によって起きる可能性が高い病気ですけど、その前に日常生活がままならないほどの副作用の出る、子宮頸がんワクチンを一生懸命に押したのが公明党です。

去年、集団的自衛権、自分の家族が襲われた、喧嘩に巻き込まれたときに、近所の人で守りましょうという集団的自衛権が通りましたけども、これと引き替えにサラ金のグレーゾーン金利が復活いたしました。復活させたのも公明党です。

これ、日本人にとって、いい政党でしょうか。
これを押しているのが公明党、創価学会で、この会館が近くに出来ます。
全国から、在日韓国人が多いのか、治安が悪いのか、と注目が集まっている川崎(神奈川県)に会館が出来る。これすごいことですね。

 

創価学会の何が悪いのかというと、昔、昭和30、40年代に「創価学会に入信しないと」と言って、(勧誘時に)自宅に押し入って無理矢理入信させられたってことは全国中で多々あったそうです。
いま、インターネットや動画などでばらされてしまう時代ですから、そんなに強くはやらないんです。
インターネットが普及する前も、私がやっているようなこういう演説があったとすると、邪魔しに入ったんですよ。
いまはインターネットの動画で知られるから、これも減りました。

創価学会の最近の犠牲者で有名な人は、奈良の引っ越しおばさんです。知ってますか?
「引っ越し、引っ越し」と騒いで、回りの人が迷惑しているという、引っ越しおばさんという人がいました。
実はこの人、前に創価学会が来て、創価学会に入信しないがために嫌がらせを受けるようになったんです。
断るようになったら嫌がらせを受け、尚かつ、周囲の創価学会員に迷惑だと訴えられて、そして刑務所に入れられてしまったんです。
これが創価学会の嫌がらせの、本当に嫌なところなんです。

この川崎にも、こういうことが起こる可能性が高いです。
この近くに創価学会会館が出来る予定です。オウムみたいなカルト宗教の会館が出来ます。
ぜひ反対してください。

全国で創価学会が大きくなり、そして日本の政治を狂わす状態になります。
自民党がいいことをひとつやれば、公明党が足を引っ張って悪いことをする。自公連立政権なので、自民党に「宜しくお願いします」と言えば、それが通ってしまうんですよ。
そして、自民党は地方では、公明党の力(創価学会の組織票のこと)を借りないと選挙に勝てない、そういう状態です。

みなさんが選挙に行けば、自民党と公明党の票のバランスが崩れるんです。まともな政治になっていくんです。
(註:公明党は信者のみが投票するので、全体の投票率が上がれば公明党の投票率は低下する)
マスコミが「今回も投票率が少なかったんです」って言うんですけれども、(あえて投票数を)少なくするのが目的なんです。
公明党や自民党のような組織票と言われる、トータルの1/3くらいが、うまく自分達の思うとおりになるようにマスコミでコントロールしています。
みなさんが「(マスコミに誘導されて)どうせ選挙行っても無駄でしょ」と思っているから、選挙に行かないから、自公のずっと何も変わらない政治が続くんですよ。
これね、一票でも無駄になるものじゃないんですよ。
選挙に行って、子宮頸がんワクチンを通した公明党と、それを押すオウムみたいなカルト宗教の創価学会を反対してください。

みなさん、もっと治安が悪くなりますよ。
みなさん、お住まいの地域の治安が悪くなることは良いことでは無いんじゃないですか。

日本中で日本の政治を狂わすようなことをやっております。
日本の治安が悪くなるようなこともやっております。


ぜひ、これを少しでも阻止するように、日本を良くしていくように、ダメなものはダメといえるような世の中になってほしいと思います。
「お前ら創価学会か、うちから出て行け」それぐらいハッキリ言わないと。
今はインターネットがあるから、昭和30、40年代のような威圧的なことはしませんので、ぜひ反対してください。
よろしくお願いします。
"

 

引っ越しおばさん(騒音おばさん)が受けた創価学会の集団ストーカー被害を取り上げた雑誌

画像のURL:https://blog-imgs-117.fc2.com/l/i/f/liferelax/20180505222202771.gif

 

 

次も政治活動家の動画ですが、会の代表は加害宗教団体と裁判になり、勝率は半々とはいえど、加害宗教団体がストーカー宗教であることを裁判所に認めたという確かな成果を残しています。

動画では、加害宗教団体は虚偽告訴、虚偽告発のほか、誰もが被害に遭うであろう、名誉毀損、プライバシーの侵害、肖像権侵害を行うことが当たり前になっている現状に警戒を呼びかけ、対策方法について講義されています。

YouTube【組織的嫌がらせ犯罪 集団ストーカー】 日護会代表 黒田大輔講演会

 

 

こちらの動画は有名ですが、議員が国会で加害宗教の集団ストーカー犯罪を非難しています。

YouTube創価学会の集団ストーカーを 国会で追及する亀井静香

 


次は、自殺された女優の清水由貴子さんが、ストーカー被害者団体に相談を持ちかけていたときの会話を文書化して公開したものです。

某加害宗教団体と接点を持ってから、警察官,消防吏員,郵便配達員など公務員も加担するストーカー被害に悩まされるようになったといいます。

加害宗教団体を信仰している警察官,消防吏員,郵便配達員だったか、加害宗教が虚偽通報や悪評の流布を繰り返したために公務員からも警戒されるように成ったのでしょう。

PDF~ 疾病偽装、医療偽装、安全安心偽装、国家茶番劇劇団情報サイト ~

 

 

こちらは、ミス・インターナショナル世界大会で初の優勝を果たした吉松育美さんの被害ですが、某加害宗教の芸能事務所社長からつきまとい、盗撮、脅迫、交際強要、探偵を使って自宅を撮影するなどのストーカー被害を受けたというもの。

この事務所では、自殺者、レイプ被害者を出していると言われています。

特筆すべきは、海外では大きく報道された本件は、国内では全くといっていいほど報道されなかった点。

しかも30個以上の証拠を提出しても警察は受理待ちの状態で、さらには加害者の依頼で裁判所の執行官が無断で吉松さんの自宅に侵入。後日”お願いだから、この件が無かったことにしてくれないか”と連絡が入ったという。

事件の記事を見た方は、日本は大丈夫なのかとの心配するツイートを発信し、話題を呼びました。

これはまだまだ序の口で、国家権力を使って役所や企業が情報漏洩を行い、人権侵害やプライバシー侵害を後押しし、加害側の連中がストーカー犯罪を堂々と行っても警察はこれを放置するという、更に上をいく組織犯罪もあります。

 

画像のURL:http://blogs.c.yimg.jp/res/blog-23-2d/tanu_1962/folder/1329466/88/41196688/img_0?1391353711

 

 

これらの事件を知らない方もまだまだいるでしょう。

日本は特殊な国で、政治、司法、行政、マスコミが同じ方向を向いてしまうため、自浄能力が働かない致命的な欠点を抱えています。

アメリカでは司法、行政の悪はマスコミが叩きますが、日本ではマスコミは同調して悪を隠蔽してしまいます。

ですから、悪い組織は政治とマスコミを押さえて自分達の都合のいいように日本を動かそうとします。

ことに、組織的嫌がらせや集団ストーカーといわれる国家公認犯罪の場合には、犯罪の抑止力となるものが無いことを意味し、権力側が行くところまで行ってしまう危険性を孕んでいます。

 

情報統制が行われ、権力が悪用され、怪しげな組織的なストーカー犯罪が行われる事件の裏には、必ずと行っていいほど、某加害宗教が絡んでいます。

 

某加害宗教が与党に関わるようになってから、手口は非常に巧妙になりました。

昔のように、被害者宅を取り囲って集団リンチするようなことが出来なくなったからです。

 

特定の個人を、異常者、犯罪者、異端者、組織に害を為す人物などとレッテルを貼り、叩かなければ分からない的な理由をつくり、集団で個人に精神的圧力や風評被害を与える方法に切り替えました。

大人数でクレーゾーンまたは軽犯罪を行えば、警察の捜査の手から逃れやすいからです。

 

ある方向性を持った集団が個人を追いかけ回し、プライベートな情報を本人に仄めかして恐怖心を与え、咳払い、睨み付け、体当たり、悪評の流布、個人情報泥棒、妨害工作など行います。

 

面識のない人達から監視され、プライバシーの侵害を受けていると感じることで精神を病んでしまう被害者も多いと聞きます。

 

防犯、治安の維持、組織の防衛、報復を建前とした、組織的嫌がらせを見たことはありませんか?

 

宗教勧誘を断ったり、信者から恨まれたり、仕事上のトラブルになることで標的にされます。

どんなに気を遣って生活をしていても、あなたの財産に目をつけられたり、加害組織と利益相反する関係になったときにもターゲットにされ攻撃されます。

裁判所がストーカー集団と認めたカルト宗教を信仰する狂信的信者は、あなたのまわりに一般人を装って生活しています。

うかつな発言が原因で、ネットストーカー集団に個人を特定されて集団で嫌がらせをされるかもしれません。

集団ストーカーを仕事にしている復讐代行業者も存在します。

組織的嫌がらせは誰もが被害者になり得る、最も身近な犯罪なのです。

 

過去の判例と報道、各人が調査した結果をもって、組織的嫌がらせ犯罪は終焉を迎えたと判断しました。

公表されているだけで数百の事件が存在し、国の重大な問題も露わになってきました。

この犯罪が広く知られるようになるのも時間の問題です。

 

これからは、最低限これだけのことは守らなければ時代がやってきます。

・おかしな話には気を付けること

・立場のある人(組織犯罪の加担者)が違法行為を許容しているという犯罪の誘引には気を付けること

・怪しげな写真や動画には疑って掛かること

・街の人の多くが○○と言っているからという、集団心理を利用した誘導

・みんなやっているから犯罪をしていいという作られた風潮

・違法行為は、どう取り繕っても犯罪であるということ

 

 

個人情報を共有したり、特定の個人に精神的圧迫感を与え、威嚇することが防犯であると訴える悪質な工作活動が年々増加し、悪質化の一途を辿っています。

 

怪しい話には、必ず裏がある。

ここを改めて再認識してほしいと願う今日この頃であります。

 

この記事を書くにあたり、有用な動画、画像、情報を公開してくださった皆さまにお礼申し上げます。

ブログ、SNS、コミュニティサイトから一部転載しました。

 

この記事は、当ブログの趣旨に反しない限り、引用、転載可とします。リンクフリーです。

 

 

○関連記事 
 

ネコでも分かる集団ストーカー犯罪の裏側

 

よくある質問への回答とアドバイス

 

組織的嫌がらせの終焉 前編 ~行政機関から被害者へのメッセージ~

 

 

○総合情報サイト (おすすめサイト)

 

Stay Alive

 

集団ストーカー.info

 

GSCバスターズ

 

創価 崩壊の鐘  (創価学会の工作部隊に所属していた方のブログです)

 

 

~情報提供のお願い~

 

組織的嫌がらせ犯罪専用の情報提供・投票フォームを設置しております。

人権侵害、集団のいじめ、政治権力の悪用、警察の不正、集団ヒステリー、陰謀、噂、など、あらゆる悪、迷惑行為に関する情報もお待ちしております。

アメーバブログを利用されていない、一般の方でもご利用頂けます。

必要な項目のみお答え頂き、匿名で送信できます。(お名前、メールアドレス等不要です。)

通信は全て暗号化されますので、安心してご利用いただけます。

マウスのクリックのみでもご利用頂けますので、お気軽にご利用ください。

最近はたくさんのメールをいただき、返信にお時間を要しております。ご了承ください。

 

組織的嫌がらせの情報提供・投票受付フォーム

 

権力の悪用、集団による暴力・人権侵害等の情報提供

 

その他ございましたら、メールフォームまでお願い致します。

 

手紙メールフォーム

 

 
 

夏みかんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス