【イラスト】チェブ松くん ディバQ パロディイラスト集!! | オリジナルの絵とか、漫画とか、音楽とか、珍しいものなど《妄想印象派》

オリジナルの絵とか、漫画とか、音楽とか、珍しいものなど《妄想印象派》

脳内にて、東京藝術(芸術)病院 多摩美術病院 武蔵野美術病院 女子美術病院に勤務


テーマ:

チェブ松くん

Чебумац

(Чебурашка + Осомацу-кун)

(Cheburashka + Osomatsu-kun)

画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)

完成:2018年6月28日(チェブ太の塗りを修正:7月11日)

 

チェブラーシカとおそ松さん(おそ松くん)を合体させた、

このイラストが無性に描きたくなりました。

 

実はこの「チェブ松くん」、

2年前の2016年4月にコマ漫画で描いております。

 

【漫画】チェブ松くん(おそ松くん+チェブラーシカ)

2016年4月5日

 

Twitterに上げた所それなりに反響はあったものの、

一発ネタとしておくのも凄い勿体無いと思いまして、

再び描いた次第です。

 

私がこのイラストを描いた理由としては他に、

ソ連アニメーションのパロディ漫画のアイデアが沢山頭の中にありまして、

そのパロディ漫画集を作る計画を立てているのですけど、

その関係もあります。

 

漫画中の「Ну,  Шэээ!」(ヌー、シェー!)は

「Шэ, погоди!」(シェー、パガジ!)

にした方がしっくり行くなと後で後悔しましたが、

その計画している漫画ではそう修正して出す予定です。

 

海外ではどうかは不明ですが、

少なくとも日本初ではないかと思います。

分かる人は限定されてしまうでしょうけれど、

分かる人だけ楽しんでください、という。

 

でもTwitterを見ると、

共産趣味者とかロシアファンの方って、多いですよね。

(ロシアと共産はイコールじゃないんですけどね)

 

 

 

 

 

ディバQ(ディヴァイン+オバQ)

画材:製図ペン・アクリル絵具・同人漫画用原稿用紙(A4)

発案:2012年頃

完成:2018年6月20日

 

かの伝説のカルトムービー「ピンク・フラミンゴ」(Pink Flamingos)

の主人公、ディヴァイン(Divine)がオバケのQ太郎と被って見えてしまって、

どうにも形にしたくてたまりませんでした。

 

とはいっても、実は思いついたのが2012年頃なので、

6年も前から思いついていたわけです。

 

「ピンク・フラミンゴ」をご存知無い方はこちらを…

Amazon | ピンク・フラミンゴ ノーカット特別版 [DVD] | 映画

 

「フラミンゴ」というよりは「らんちゅう」なんですが…。

 

当時は絵描きとしての調子の悪さがずっと続いており、

形にしたくても中々思う様に行かない日々が続いておりました。

なので、調子が出てきた今頃になってやっと形に出来たわけです。

 

でも、今描いて正解だったかも知れないとも思っていますが、その理由は、

オバQよりもU子さんの方がよりディヴァインに似ていると気付いたため、

「ディバU」もついでに描いた事で、

より「相応しい」感じにはなっているのかも?

と個人的には思っております。

 

この映画、最後に衝撃的な場面があるのですけど、

昔のオバQアニメの歌に引っ掛けて

「イヌにはよわいけど、イヌの○○○はたべるんだ」

という替え歌が頭に浮かびました。

 

話はちょっとズレるのですが、

この映画を監督したジョン・ウォーターズ(John Waters)なんですけど、

外見上はイケメンの部類に入っていると思われます。

 

現在も、風貌は如何にも分別の付いた優しそうな老紳士ですけど、

10代から問題児として知られ、

学生時代はマリファナ所持で放校処分されるなど、

後に悪趣味系カルトムービーの監督として名を馳せるのに

相応しい素質を元から有していたというのが、

何とも微笑ましいというか(微笑ましいことか?)。

「変態紳士」の称号が相応しいというか。

 

というわけで、息抜き用に描いたパロディイラストで

まだ描きたいネタはあるのですけど(おいおい)、

来年の展覧会用の作品にいい加減取り掛かろうと思います。

Satos72(Sats72 改め)最近は現代妖怪絵師さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス