IOCとはどんな団体だろうか | 酒巻修平のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

酒巻修平のブログ

父母の二人から生まれた人は二元的で表裏、善悪などが一人の人に併存します。体験および思考を通じて、人の体や精神作用、社会現象を表裏から観察、分析、統合します。

 年を取ることにより記憶力は低下するが、判断力、分析力は却って向上するとも考えられる。

 

 若いころなら思いも付かなかったことも分析、統合、利用などもできるようになり、自分がそんなことができるとは思いも掛けなかった。

 

 だがこれは良いことかどうか、自分の価値判断に依る。知らないで済ませられることであれば、嫌なことも無視できるが、なまじ判断力や推理力があると要らざることまで考えてしまう。

 

 石原元東京都知事はテレビを通じてオリンピックを東京に誘致するのに1億円使ったと発言した。彼は嘘を付くのを好きではないので、彼が言っていることは真実だろう。

 

 スポーツの世界は正々堂々とした世界ではあるが、どうもそれは選手の間でだけ言えるのかも知れない。だがそれも怪しい。ドーピングの問題もあるし、審判を抱き込むこともあるだろう。

 

 韓国のキムヨナは前々回だったかオリンピックで優勝し、金メダルを取って国の英雄になった。

 

 だがその判定に大きな疑問が投げかけられている。彼女の回転ジャンプの分析写真を検討すると明らかに回転不足がある。それなのに減点されず、却って加点されている。

 

 それはおかしいと述べている人は沢山いる。ということは審判団が買収されていた疑いが濃い。

 

 回転不足で3回転ジャンプをするのはきっちりと回転するよりよほど簡単だ。だからフォームも余裕を持てる。

 

 素人が見るとフォームが美しく、キムヨナが優勝するのは当然だと思えるが、プロから見ると疑惑が多い。

 

 キムはだから同大会に出た他の選手から尊敬されていない。ロシアの高名な男子スケーターも本来ならば浅田真央が優勝だと主張しているくらいだ。

 

 東京オリンピックの開催権を1億円で手に入れたというのが本当なら、新型コロナによる開催の延期も裏で動いているだろう。

 

 薄汚いバッハを初め、各委員は日本に買収されたのだ。東京都か日本政府は開催延期が決定するまでコロナの感染者の数を実際より低く発表していたと私は想像している。

 

 だから東京の本当の感染者の数はもっと多かったのだ。その本当の感染者数に追いつくために発表する1日の感染者数は逆に水増しされているのだ。

 

 本当の感染者数は誰にも分からない。検査をしない人が圧倒的に多いから数は確定できない。

 

 そうであってもある程度アバウトの数は都か政府は把握しているはずだ。だからこれからも東京都の感染者数は高い水準を維持するだろう。

 

 私は欧米と50年以上に亘ってビジネスをしたが、嘘を言われたことは一度もない。従ってその割合からアメリカの議員の嘘もかなり少ないだろう。

 

 もちろん国家機密に属する事項では嘘は混じるだろうが、そんなこととは関係がない一般生活上の嘘は極めて限定的だと思われる。

 

 そうであればIOCの委員は全部検察の捜査対象にして欲しい。WHOUNESCO、国連その他の国際機関は全てそうだ。

 

 WHOの事務総長のテドロス・アダノムは薄汚い人間だ。中国から賄賂をもらい、パンデミック発表の時期をずらし、中国の利益になる発言に終始している。

 

 裏の事情は色々だろうが、彼らは金で動いているのだ。正義などありはしない。選挙の方法も良くない。

 

 有力国から選ばれるとどうしても自国に有利な決定をすることを恐れたのだろう。事務総長は全て3等国から選出される。

 

 これは仕方がないとすれば事務総長を初め各委員の行動を監視する検察の役目をする団体が欲しい。そして法律を作り、違反すれば罰を与えるくらいにしなければ世界の利益に反した行動をこれからも取り続けるだろう。

 

 バッハやアダノムは汚れている。これが私の推論である。

 

酒巻 修平