いちファンとして

テーマ:



昨日
ジャズピアニストの佐山雅弘さんの
訃報のニュースが流れました



実際にお話したことはなく
ただいちファンとして
演奏を聴く側でしたが



佐山さんの演奏から感銘を受けた記憶を
今でも鮮明に思い出します



初めて佐山さんの演奏を聴いたのは
大学生時代。




当時住んでいた家から徒歩圏内の
身近なホールに来る、しかも
チケットがお手頃ということで
初めて聴きに行きました



演奏は勿論素晴らしかったのですが
何に心を掴まれたかというと


MC


だったんです
そのコンサートは殆どMCがなく
進んで行ったのですが



佐山さんがお話しされた一幕で
その短い時間で
さらに佐山さんに引き込まれたと言いますか
MCから溢れ出る素敵なお人柄に




ああまた演奏を聴きに行きたいな
また会いに行きたいな




と思ったわけです。




演奏技術だけじゃない
人間性も大事なんだと強く自分に
響いた経験と言いますか



私のMCは本当に早口で聞き取り辛くて
課題しかないのですが



演奏だけじゃなくて
MCでもお客様に楽しんでいただきたいなと

または

口を開いてしまえば
演奏では見えない人間性が出てしまうので
自分自身の人間性も
演奏技術同様に磨いていかねばならないと




そう自分に今でも言い聞かせて
日々反省の連続です



ええ
佐藤、早口の自覚があるのです
しかも
早口の癖に滑舌が悪いのです
ええ



しかもお調子者なので
調子が乗ってくると余計にペラペラと…



ああいけません公開反省会が。







佐山さんが愛知に来る演奏情報を
見るたびに行こう行こうと思いつつ
仕事で行けなかったり



そんな連続でした



もう聴けない
そうなってからこんなに後悔するなんて
いちファンだなんて名乗れない




大好きだと思えるプレイヤーの演奏は
行けるなら行けるだけ
今その瞬間足を運ばねば
今回強く思いました



また次行こうって思っても
その次が訪れるかは確証がないのが
この世というものなのでしょうか





もう聴けない
生ではもう聴けない




凄く寂しいものです
映像で残っても
音源が残っていても
音楽はライブが一番好きです




後悔はすることはあっても
極力後悔の少ない人生でありたいものです





翻って私自身の身を考えた時
自分が死んだ後にも私の生きた跡が
少しでも残るようにと
CDなりなんなり形を残しておこうと
そう思ってものつくりをしております



私みたいなちっぽけな存在でも





確かに佐藤史織は存在していたよ





と証言してくれる方が
ひとりでもふたりでも
いてくださいますように。




佐藤の演奏も
良かったら聴きに来ていただけたら
嬉しいです



次もまた聴きに行きたいなぁ
また会いたいなぁ



そう思っていただけるような
プレイヤーになりたいです。







心よりご冥福をお祈りします。
出会えてよかったです。
本当に。
心からの感謝を添えて。




shiori.•*¨*•.¸¸♬