ああ、夏だ夏だ! | 【秋田市の学習塾】くさじまのブログ~秋田TOP進学塾

【秋田市の学習塾】くさじまのブログ~秋田TOP進学塾

秋田市の学習塾です。
受験指導は高校受験のみですが、小4~小6の子たちへの学習指導も行っています。

22時30分。

 

この時間でも外はもわっと暑い・・・夏ですね。

 

生徒は帰りましたが、ここからもう一勝負。

 

印刷やら欠席対応用のプリントやらと戦います。

 

なかなか目がしょぼついてきましたが、もうひと踏ん張り。

 

さて、某学校の中3の夏明け定期範囲のコメント。

 

 

今回は実力テストを想定して応用問題も出す。

ただの暗記では点数がとれません。

が、覚えなければ点数はとれません。

 

 

最高です。(教採も通らなかった若造が生意気にすみません。)

 

 

楽しく学べればそれに越したことは無いですが、

 

どうしても「暗記する」ということから逃げることはできません。

 

私は覚えるということに快感を覚えるタイプの人間だったので、

 

あまり拒否反応は無いのですが、

 

それでもやはり苦手な教科についてはやる気の面でトーンダウンしていた中高生でした。

 

得意教科については覚えるのも楽しいし、忘れないでいましたが、

 

苦手な教科はテスト前にとりあえず叩き込んで、

 

覚える過程ですごく納得できたり、これは面白いなと思ったものはそのまま定着しましたが、

 

興味のわかない・つまらないと感じたものは忘れてました。

 

 

「楽しく学ぶ」という要素は、あくまでも「覚える」という行為の中であるべきだと思っています。

 

微妙なとこですけどね。

 

楽しいから覚えられるというのも事実。

 

ただ、言いたいのは、

 

興味のあることばかり覚える。

 

好きなことだけやる。

 

これでは今の入試制度では無理なんですよ。

 

ということ。

 

英語が好きだから英語だけちゃんとやれば合格できるんですか?

 

数学は嫌だから何もしないでいいんですか?

 

社会はだるいし、先輩によれば後からでも何とかしてくれるって?

 

結局何とかなってくれただけであって、キミが何とかなる保証はないけど?

 

と。

 

向き合いましょう。

 

まずそこからです。

 

 

さて、文章にまとまりがありませんが、そろそろ残務に戻ります。

 

今日はこの辺で。