さだちかのフォトアルバム
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

不可触領域

鳴海章さんの最新作紹介ですが、

UPするまでにかなりの時間を要しているので発売されてから既にふた月が経っています。

ジャンルとしては近未来SFです。

 

大きなテーマはウィルス・海面上昇・地殻変動・遺伝子改造・改造人間・AI(既に鳴海作品で登場しているアイコ)

などですが過去の鳴海作品登場人物も何人か現れます。

一つ一つの素材が長編小説になる重さで、これら別々のテーマで他の作家の小説はかなりの数に上るでしょう。

読み進める途中で、過去に読んだ宇宙と人間の意識が融合する小説や、

映画『2001年宇宙の旅』のコンピューター『ハル』を思い出したり…。

もっと前の映画『渚にて』や近年のワイヤーアクション映画に意識が飛んだり、

集中して読書する雰囲気ではなくなってしまいました。

 

読み終わってしばらくしても消化不良です。

皆さんも是非読んでみて、感想をお聞かせください!

力作であることは間違いありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

濃霧

先日早朝水の上にいた時濃霧でした。

夢の島マリーナの前で視界300m位でした。

荒川河口ではもうちょっと濃かったようです。

午後になると気温が上がり霧が晴れましたが、気温は上がりすぎでした。

 

桜ぼけ

昨日久しぶりに佃に行ってきました。

花曇り、花冷えの一日でした。

松に花が咲いています!

住吉神社ではボケが満開です。

小さくても存在感があり、同じ樹に赤と白が咲き、

紛らわしいことに赤白混じった花まであります。

 

そして今日、昨日とは打って変わって春うららです。

隅田川に合流するちょっと手前の大横川。

桜見物の人が多く、観光船も頻繁に通りウクライナもコロナも忘れられるひと時だったのでしょう。

誰もいない満開の桜の下いろいろな感慨が湧きあがってきます。


 

もうすぐ春ですか

この前UPしたのは、

真冬のこんな写真でした。

無為に過ごす時間の中で運河の水も温む季節となり、

ベランダの真下に見える河津桜は既に満開です。

ウクライナに当分春は訪れそうにありませんが、なるべく早い解決を祈るのみです。

 

 

東京の雪

昼前から降り始めた雪は、2時には久しぶりに積もりそうな気配になってきました。

葉の無くなった木々も雪柳の花が咲いた様です。

こんな日でもジョギングしている人が数名!

子供たちは寒いのも忘れ夢中です。

車もすっかり雪化粧。

朝も冷え込みそうで凍ったらウィンドウがバリバリで取り除くのが大変そう。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>