天職発見!まだまだ続く、私の挑戦!

自営業も、あっというまに3年目。


「楽あれば、苦あり。苦あれば、楽あり」・・・・


日々のアップダウンも、これまた楽しい。


「好き」な仕事ができる喜びを感じながら、年と、経験を重ねていけたら・・・。

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2006年11月24日

パンク!

テーマ:思い 

珍しく、車を使って、お客様のところに出かけた・・・。


「30分くらいでつきますから!」と、勢い込んで車にのりこみ・・・。


走ること、5分・・・がたっがたっがた~~~。


なんか、タイヤがおかしい、けれど細い道で止まることさえできず、


2~3分はしっただろうか。


止めて、タイヤをみると・・・・割れてる!!


パンクと言うよりは、破裂?ってかんじ・・・。


車って、何が起こるかわからない。


JAFの人によれば、これが、高速道路でおこってたら


大変だったらしい・・・。こっわ~~!!


やはり、車はちゃんとメンテしないといけない。


人生なにが起こるかわからないことを、


改めて感じた瞬間だった。






2006年10月26日

易学?

テーマ:仕事

とある、ビジネス交流会に参加して、易者さんの話を聞いた。


当たり前のことなんだけど、


「いややな」「しんどいな」「うまくいかないな」・・・と


否定的な言葉を発することにより、否定的な人生になる。


「ついてる」「しあわせやな」と口にだすことによって、


能力以上の『運』がついて来ると言うこと。


それから、人生の中で、が~~っといける勢いのあるときと、


守りに徹するべき時がかならずある。底があれば、かならず上向きになると・・・。


自分で仕事をしていると、売上げの上がり下がりも顕著に、自分の精神状態に


影響する。


いかに自分の今行くべき道をしり、前向きに生きられるか・・・。


最近、特定社労士の研修にもおわれ、ついつい「しんどい」「しんどい」と言う言葉


ばかり発している自分がいた。


この易者さんの話を聞けたのも『運が良かった』とおもう。


意識して、幸運がついてくる『言葉』と『行動』がとれますように・・・。










2006年10月17日

改正から思う。

テーマ:仕事

この10月から、健康保険の上でもいろいろな改正があった。


出産育児一時金が30万円から、35万円になる。


今日の新聞で、育児休業基本給付金が、来年度から改正になりそうな見込み。


最近、少子化対策、育児と家庭の両立等の部分での公的支援もだんだん充実してきている。


実際、大企業では、男女ともに、ライフワークバランスのとれた働き方への企業努力もあってか、


育児休業に興味を示す、男性社員も増えてきているらしい。


育児休業というものが、どんな感じなのか・・・という興味らしいが。


私は、とてもいい傾向だと思う。


女性は、家で子育て、男性は仕事・・・そんな、役割分担意識が早く払拭される社会になってほしい。


ある、子育て中の女性が言った言葉がとても印象的だった。


「男性が、子育てを『手伝う』とうのはおかしい。自分の子供なのだから、母親も父親も子育ては自分の仕事


としてとりくまな!『手伝う』とう意識でいる限りは、母親も自分だけに、負担を感じて不満でいっぱいになる。」


おっしゃるとおりだと思う。


私が子育てをしているときとは、やはり、男女の考え方も大きく変わっている。


少子化が解消するかどうかは、わからないが、固定的男女の役割分担意識がかわり、


女性が、子育てに縛られない生き方ができる社会になればいいと思う。




2006年10月12日

セクハラに思う・・・

テーマ:仕事

セクハラについてのセミナーのレジメづくりのために、


いろいろ資料をよんだりして思ったこと。


完璧にセクハラをなくそうとおもったら、男女が別々に仕事をして、接点をもたないようにしないと


無理なのでは・・・と。


嫌だという感じ方は、百人十色。それを、お互いに瞬時に見抜いて不快でない範囲で話をするなんてこと


不可能だから。


じゃあ、どうしたらいいんだろう。


ある本に、


「ノーと言えること。」

「ノーと言える環境づくり。」というのがあった。


妙に納得できた。ある行為を不快に感じたら、その時に意思表示をはっきりとすること、これが


防止への第一歩かもしれない。(へんに、我慢しないってこと?)


男女の感じ方は本当に違うし、個人差もある。


でも、最近全てにおいて潔癖に白か、黒かつけないと決め付けないといけないと考える人が


多いような気がする。グレーな部分、「まあ、ええんとちゃうの・・・」というおおざっぱな、あいまいな部分。


この部分が、クッションとなって、人間関係がうまくいく部分もあるのではないかと思う。


(だからといって、セクハラ肯定というわけではないが・・・)


来年四月からの、均等法改正で、男性へのセクハラも対象となる。


セクハラによる精神障害も、労災になる可能性も強くなっている。


セクハラという言葉が生まれて、約20年、


この20年間の働く現場での、人間関係、女性の働き方の変化はあまりに大きい。


均等法が、社会に与えてきた影響の大きさを感じている。



2006年09月30日

あっという間の1ヶ月

テーマ:仕事

気がつくと、今日で、9月がおわり・・・。


このブログも一ヶ月以上ぶりとなる。


夏の終わりのこの1ヶ月間、いろいろな事におわれて本当にあっという間。


仕事も、今までと少し違った形のものが入ってきて、提案資料の作成に追われる日々。


これは、年末まで続くのだが、何とか・・・何とかやり抜かなきゃいけない。


あまりプレッシャーを感じない私だが、今回は、かなりのプレッシャーがかかっている。


知識不足を毎回毎回感じながら、反省の日々でもある。


「楽しく仕事をする!」というモットーを忘れそうになりながら・・・。


こうなったとき、つくづく思う。一人でなくてよかった・・・。


仲間がいることがこんなに心強いとは・・・。















2006年08月19日

またまた、受験直前。

テーマ:社労士受験

社労士の試験監督のマニュアルがとどく・・・。


そうや、そうや!!もう、直前なんだ~。


やはり、この時期がくると、毎年受験生時代を思い出す。


お盆休み返上で、自習室の通ったこと。


子供は1ヶ月間、実家へ山村留学?させていたこと。


受験日の、受験開始時間前の、緊張。不安。


あのときほどの、緊張感を最近は味わっていない。(味わいたくはないが・・・)


「初心わするべからず」


あのころがあったから、今日がある。


試験から、3年・・・ずっと前へ進むことばかり考えてきたけれど、


ちょっと、後ろを振り返り、「一歩進んで、2歩さがる」ことも必要かも・・・・。


2006年08月11日

大阪観光

テーマ:思い 

午後から夕方までの空き時間。


思い立って、大阪観光に!!


大阪に住み始めて、約20年・・・・


まだ、昇ったことがなかった「通天閣」へ!!


夏休みってこともあり、子供や、観光客でにぎわっていた。


お盆休みもままならない中で、つかの間の観光気分。


遠くに行かなくても、まだまだ未開の場所はある。


近場で楽しみを見つけるのも、又楽しい・・・。


でもでも、やっぱり、避暑地か、温泉地でのんびりしたい~。





2006年08月09日

苦悩の提案書

テーマ:就業規則

高齢者雇用安定法にまつわる、制度設計と就業規則の見直しの提案書


をつくることに・・・。


パソコンにむかうが・・・。


そもそも「提案書」ってどうあるべき?っていう根本的なところから、悩み初め、真夜中に空腹と睡魔に襲われながら、パソコンと


格闘・・・。


時間的猶予はない。


焦りと、自分の無知さのなかで、もうろうとしてきた。


明日の提案に間に合うのか?こんなんで、通用するのか?


その前に、パートナーに却下される可能性の方が大・・・。


「どろ縄」ということば・・・・開業セミナーで、ベテラン講師がいっていた。


その先生も、就業規則の仕事を受注してから、本を買って勉強したと・・・。


私の場合、「どろどろ縄縄、どろ縄~」ってかんじ。


「前もって」という言葉の重みをひしひしと感じている。



2006年07月31日

真夏の登山

テーマ:思い 

芦屋川から、ロックガーデンを経て有馬におりるコースに挑戦。


かる~いのりで参加したものの・・・・。


最初は、いい調子、いい調子。


途中の景色にも心あらわれ、川の流れに足をつけて、ほっと一息。(氷水のようにつめたかった・・・)


いつ山頂にたどりつくやら。。。ただ、前に足を運ぶしかない。


暑くても、しんどくても、「や~めた!」というわけにはいかない。


何たって、山の中だから・・・。


修行、苦行・・・・いろんな言葉が頭をめぐる。


でも、足を前に、前に。


人生や、仕事も「山」と同じかも。


山あれば、谷あり。


途中で、投げ出す訳にはいかない。


山頂について、つめた~いお茶を一気のみしたときの、おいしさは何とも言えなかった。


有馬に着くまでの、所用時間、約4時間ちょっと。


久々に、大汗とともに、心の毒もでた感じ。(デトックス効果大!!)

2006年07月18日

今年の夏休みは・・・

テーマ:思い 

社労士受験時代の夏休みは、子供を実家にあずけての猛勉強の時期。


毎年、8月になると、そのころを思い出す。


「又、今年もだめだったら・・・」と自分の中の弱気な部分を消しながら、自習室に通っていた。


そういえば、平成15年度の受験後、夏休みの終わりに子供達を実家に迎えにいったとき、


上娘があるプレゼントをくれた・・・。「ママ勉強がんばったんやろ!」といって・・・。


それは、マグカップで、犬のイラストとともに、「壁は高いほど、昇ったとききもちいいものさ・・・」と書かれていた。


子供心に、難しそうな試験・・・と思っていたのだろう。

今、そのマグカップは少し、欠けているが、一生捨てられない宝もの・・・。


今年は、その上娘が受験期の夏休み。


気分的に旅行とかは、いけないけれど、適度な気分転換をはかれるように・・・。


あまり、プレッシャーをかけないように・・・。


体調だけはこわさないように・・・。


しばし、受験の子をもつ母の役割のパーセンテージを「少し」増やしてみようと思う。


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス