もっと知りたい労働法!

東京都町田市を拠点に両立支援、労使トラブル、障害年金などに対応、『悩み』を『戦略』に変える労務管理を提案する特定社会保険労務士櫻井三樹子のブログです。日々の疑問や矛盾と戦います!!たまに日本酒でまったりします。


テーマ:

(一社)日本建設業連合会は9月22日、「週休二日実現行動計画試案(案)」を公表した。建設業での週休2日制について、5年以内(2021年度末まで)に定着させる意向だ。政府の「働き方改革実行計画」と並行して進めていたもので、内外の意見の聴取を踏まえて今年度末に決定する。会員企業に対しては、「(決定するまでの間も)自社の取組方針を早急に検討されることを期待している」などと促している。

労働新聞社

 

建設業の働き方改革です。「働き方改革実行計画」では、時間外労働の上限を規制しています。現行の建設業の時間外労働の上限は・・・というと、基準なしの青天井。しかし、今後働き方改革実施後5年を経て、建設業にも一般則の適用を目指すこととされています。

 

一般則の内容

1 原則、時間外労働の限度は月45時間、かつ年360時間

2 特例として、臨時的な場合年720時間(=月平均60時間)

 ①2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月の平均でいずれも休日労働を含んで80時間以内を満たさなければならない。

 ②単月では休日労働を含んで100時間未満を満たさなければならない。

 ③加えて、月45時間、かつ年360時間を上回る特例の適用は、年半分を上回らないよう、年6回を上限とする。

 

このようなルールを遵守するためには週休2日制は必須。全産業の平均労働時間よりも建設業の年間労働時間は300時間ほど長い。職人さんの給与は日給制が多く週休2日制にしても年収減少分を補填できなければ実現は難しいと思われます。自社の取組み方針を早急に検討して・・・ということですが、建設業の働き方改革も難題が多いですね。

もっと知りたい労働法!-sakura2

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへ にほんブログ村ランキングへ

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

櫻井三樹子社会保険労務士事務所さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。