相手の関心に関心を持つ コミュニケーションのコツ | 大阪府高槻の社労士 天野勉|天野社会保険労務士事務所

相手の関心に関心を持つ コミュニケーションのコツ

こんにちは。
社労士の天野です。


コミュニケーションに課題を感じている職場が多く、毎年、研修や

セミナーでコミュニケーションについて話す機会があります。

話し方や聴き方について、様々なテクニックがあるので、
褒め方、叱り方といった具体的な手法をお伝えすることも
少なくありませんが、最も大事なのは、「姿勢」だと考えています。

では、どんな姿勢が求められるのか。
すばり「共感」だと思います。

共感は、いろんなカウンセラー講座やコーチング講座などでもよく言われる

ことだと思います。(言い回しは少し違うかも)
私は、産業カウンセラーやキャリアコンサルタントの講座を受講しましたが、
やはりこの共感については、多くの時間を割いて、学びました。

ただ、カウンセラーやコーチになろうとする人は時間を掛けて、この「共感」について学び、

その姿勢を徹底的に身につけることができますが、多くの職場ではそこまですることは

難しいはずです。

そこで、私が職場での研修等でお伝えするのは、
「相手の関心に関心を持つ」ということです。

この「相手の関心に関心を持つ」というフレーズは、アドラー心理学で
使われる言葉ですが、これが共感を端的に表すベストな言葉だと思います。


部下など関わる相手が、
・どんなことを願っているのか
・どんなことに興味や関心があるのか
・どんなことに困っているのか
などに関心を持とうということです。
 
部下が発している言葉や態度そのものではなく、その先にあるものを意識する
これは、言葉にすると難しそうですが、「この人は今、何に関心があるのか」と
いう視点で見てみると、意外と見えてくるものです。

もちろん、必ず当たるというものではありません。
というか、当てることに目的があるわけではありません。
相手の関心に関心を持って、聴く、のです。

この姿勢があったうえで、様々なスキルを身につければ、仕事でもプライベートでも

有効な「コミュニケーション力」に繋がると思います。