東経136度、どこか分かりますか? | 大阪府高槻の社労士 天野勉|天野社会保険労務士事務所
2018年08月31日

東経136度、どこか分かりますか?

テーマ:9.キャリア関係

こんにちは。社労士の天野です。

 

ここ数年、8月下旬から9月上旬に掛けては

高校生の就職活動に向けた面接指導を担当しています。

元気のいい高校生と向き合うことで、こちらも勉強になるし、刺激も受ける。

なかなかやりがいのある仕事です。

 

 

さて、そんな高校での仕事が終わって、最寄り駅に来たところ、

こんなものを見つけました。

 

東経136度の子午線が通る駅!

 

ここは、滋賀県栗東市にある手原駅です。

子午線と言えば、東経135度の兵庫県明石市が有名ですよね。

なんといっても日本の標準時刻ですから!

 

で、そこから1度東に来ると、滋賀県東部の栗東市です。

なんか、地球の大きさを感じますよね。

 

 

ところで、なんで標準時刻が135度なのか、分かりますか?

東京の近くに140度が通っています。

140の方がキレよくて、そっちをつかった方がいいんちゃいますか?

 

これには、ちゃんとした理由があるんですよん。

ヒントは、「時刻」です。

 

 

 

 

地球一周360度、一日24時間なので・・・・・

 

 

 

 

 

大阪府高槻市の社労士:天野さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス