【アンガーマネジメント】スケールテクニック | 大阪府高槻の社労士 天野勉|天野社会保険労務士事務所
2018年02月07日

【アンガーマネジメント】スケールテクニック

テーマ:6.アンガーマネジメント

こんにちは。

社会保険労務士の天野です。

 

先日、日本アンガーマネジメント協会の講座を修了して、

アンガーマネジメントファシリテーターとなりました。

今後、職場や子育て勉強会などで、アンガーマネジメントについて

発信していきたいと考えています。

 

そもそも、アンガー(怒り、イライラ)は目に見えないから扱いにくいのです。

目に見えるようにすることはできませんが、数値化することで扱いやすく

することができます。

この数値化することをアンガーマネジメントではスケールテクニックと言います。

 

 

人生最大の怒りを「10」として、

穏やかな状態を「0」とした場合、

今、感じた「イラッ」は何点だろうかと考えることです。

 

ムカつく!!

っと思っただけではどうにもならず、反射的に怒りを

表現してしまうかもしれませんが、

10ではないな、5.7くらいかな、と数値化すると、冷静に

対応することができます。

 

 

アンガーマネジメントは、怒らないことでも、怒りを我慢することでも

ありません。

起こる必要があることは上手に怒り、

怒る必要がないことは怒らなくなることです。

 

今後も、アンガーマネジメントについて、発信していきたいと思います。

 

 

 

 

大阪府高槻市の社労士:天野さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス