この投稿をInstagramで見る

とても涼しい朝。今朝は起き抜けで、庭の草むしり。数週間前とは全く異なる環境… マンションから見下ろす千波湖の景色は気に入っていたし、水戸の街を一望しながら飲む珈琲は最高だった。 でもこうして、地に足を着け、草木をいじり、直近で鳴く虫の音に季節の移ろいを感じる暮らしもまた最高だと思った。 結局のところ、何を手にいれたか?何をなし得たか?ということより、そこに至るプロセスをどう楽しむか? 手に入れた後、なし得た後にどう生きていくのか?が人生の質を分ける。 達成、成就に向かって行動するとき、手放すものは数々あるが犠牲にするものは何一つない。何かを手にした後、それを味わい大切に育んでいく。 かつての私は達成すること、成就することが目的になっていたから、何かを手にした瞬間、貪るように次の『ゴール設定』を探し、今を味わうことなく未来に向かって走り続けていた。 そんな生き方、一言でいうと辛かった。 知足。足るを知る。 今に満足し、与えられた環境に感謝して生きる。 ヨガは人生において最も大切なことに気づかせてくれる最強のツール。ヨガインストラクターの皆さん、ヨガを伝えることに自信と誇りを持って、力強く進んでいきましょう。 ヨガティーチャーリーダーシップトレーニング参加者募集中!! https://ameblo.jp/spyuko/entry-12500237047.html 詳細はプロフィールのブログより #小さな幸せ #日々の暮らし #今を味わう #知足 #足るを知る #人生の指針 #ヨガ #ヨガティーチャーズトレーニング #リーダーシップ

Yuko Utsunomiyaさん(@spyuko07)がシェアした投稿 -