この投稿をInstagramで見る

今日のアサナインテンシブピークポーズはヴァシスタアサナ。 私自身も発展途上のプロセスの中にある。 苦手なアーサナを繰り返し練習することで、どうやったら上手くいくのか?体からフィードバックがもらえる。 だからカラダを使って学ぶんだ。 一度聞いただけ、習っただけでは理解出来るわけがない。 短時間で簡単に何かを得ようとするのも悪くないけど…やっぱり時間・経験=厚みだよね。 1万時間の法則とは、何に置いてもプロレベルになるには大体1万時間かかるというもので、1万時間を3年で割ると一日約9時間という事になる。 仕事であれば就業8時間を集中的に過ごし、その上残業1時間をやりこんで何とか3年で一人前になれる。 脅しとか、不安を煽るとかじゃなくて…真面目な話。ヨガを仕事にするなら継続的な実践と学習は必須です。 焦る必要はありませんが、目の前の生徒さんへの責任として、出来る限りオンザマットの練習は続けていきましょう。 今日はくそ真面目な投稿でした。😅 #アサナ #プラナヤマ #瞑想 #オンザマット #継続練習 #タパス #スヴァディアーヤ #目覚め #覚醒 #アサナインテンシブ #水戸ヨガ #茨城ヨガ #宇都宮優子

Yuko Utsunomiyaさん(@spyuko07)がシェアした投稿 -