『尾骨をすくって』クラス中に
よく聞く台詞であり
インストラクターは
よく使う台詞ではないでしょうか?


しかし、その意味、
その使い方本当に合っていますか?
最近クラス指導をしていると
骨盤後傾位で立っている生徒が増えています。


尾骨をすくう前にやることがあります。
通常、骨盤はやや前傾しています。
この前傾を保ったまま
尾骨をすくうアクションが
インナーマッスルを活性させ(バンダ)
腰椎を保護します。


腰を反るのは危険という知識だけで
尾骨を前方向に動かすと
骨盤後傾位が
スタンダード化している人には
返って腰椎に負担をかける
原因になってしまいます。


海外で海やプールに来ると
西洋人と日本人の姿勢の違いが
顕著に現れます。


西洋人はスタンダードが骨盤前傾…
なのでお尻のトップが高く
足が長く見える(実際脚も長い)。


日本人のほとんどは骨盤後傾、猫背、内股…
スリムなのに姿勢が悪く
もったいないなと感じます。
また不良姿勢は健康も害しますから
身体を正しく使って
美しさと健康を手に入れましょう。


2月は腰椎をテーマに練習しましょう。


▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
女性の人生に変革を起こすことに特化したプログラム ライフシフトフォーウィメンズ

▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽