感無量

テーマ:
入学式を前に…
心境をblogに綴ろうと思い
写真を引っ張りだして
選んでいるうちに


すっかり忘れていた
育児奮闘の日々を思い出してしまった。


ポロッと涙が一滴写真に落ちた。
すると過去の記憶が
次々と浮かびあがり
涙が止まらなくなった。


必死だったし
楽しかったから
辛い記憶なんて
ほとんどないのだけど…



母ちゃん本当によく頑張ってきた。


双子の授乳は本当に大変で…
産後2ヵ月は代わる代わる
1時間おきの授乳。
眠ることが出来ない拷問のような
夜が来るのが恐かった。


2500gで生まれた二人は
スクスク育ち
あっという間に
お相撲さんみたいになった。


産後2ヶ月で活動復帰し
外部指導とスタジオ運営をしながらの育児。
当時は『大変でしょ!?』と
沢山の方々に言われたけれど
幸せの方が断然上回り
大変さも喜びでしかなかった。


保育園
シッターさん
託児
両親
この子達の父方の両親
色んな人の手を借りながら
大好きな活動は続けてきた。


好き放題やってきたから
保育園にも
それ以外の方々にも感謝しかないし
小学校入学にあたっても
開放学級や学校に受け入れてもらえるだけで
感謝の気持ちでいっぱいである。  


人の助けなしに
私も子供たちも生きていけない。
母ちゃんが楽しく働くことが
経済の支えになり
家庭が平和になり
笑顔で過ごす基盤を作る。


幸い開放学級に通い始めた二人は
とても楽しいらしく
早起きするようになった。


そんな中
名前の順が早いルナが入学式で
教科書授与の役を求められた。


目立ちたがりの私なら
二つ返事で受け入れるとこだが
ルナは私と真逆の内向タイプ。
生まれた時からしかめ面で…
3歳くらいまでは
眉間にしわを寄せることが常でだった。
そんなルナが
たくさんの視線を浴びながら
何かをするなんて
荷が重いことだろうと思った。


『ルナちゃん、あのね…入学式で教科書をもらう役をやってほしいと先生からお願いされたんだけど…やってみる?』

ルナ
『えーーー。みんなに見られるんでしょ?ヤダ』

『そっかー。じゃあ今日中に先生にやりたくないって連絡すれば、他の子にお願い出来るから先生に電話しようか?』

ルナ
『えーー。でもー。………』

『じゃあやってみる? 』


『無理はしなくていいんだよ。やりたくなかったらお母さん、無理矢理はやらせない。やりたくないって気持ちは悪くないんだよ。

でも、ルナちゃんが頑張ってやってみたいって思うなら、お母さん全力で応援するよ。』


『小学校に入るとね、こういうことが沢山増えるの。これからはよーく考えてルナちゃんが本当にやりたいか?やりたくないか?を自分で決めるんだよ。ルナちゃんが決めたことならお母さんはどちらでもいいと思ってるから』 

ルナ
『やっぱりやる!』

『そっか。じゃあお母さん、応援する!一緒にいっぱい練習しようね。入学式の時もルナちゃんからお母さんのお顔がよく見える場所に座るからね!』
  

こんな、やり取りがあり
私はやけにワクワクした。


今までは子供と
こんな深い話しはしてこなかった。
横並びで何かをする保育園では
する必要もなかった。


しかしこれからは成長と共に
子供たちもチャレンジしたり
葛藤やジレンマなどを
経験することだろう。


親として
どう接していくか?
どんな言葉をかけていくか?


そんなシーンが増えていくであろうことを
想像したら
ここからが子育ての
醍醐味なのかもしれないと思った。


自分が貫いている生き方
やりたいか?やりたくないか?は
ハートで決める。


子供たちにも
この感覚を育んで欲しいと思っている。


これこそが生きる力!
自分の気持ちがわからなくなるほど
辛いものはない。


平凡だって、変人だっていい。
柔軟な心を忘れずに
逞しく育っておくれ!


ヨガダイナミクス第3期

初の平日開催!!

心満たされながら経済的にも満足できる自分らしい仕事のカタチこのトレーニングは自分に合った活動スタイルを知り、ビジネスとして世の中に貢献していく道筋を作ります。

ヨガダイナミクス第3期


キレイになるヨガ指導者養成コース

運動不足の方や、運動が苦手な方、年齢を問わず誰でも無理なくできるやさしいプログラム。ヨガのポーズをベースに、初心者向けにアレンジされているので楽しくスポーツ感覚で行うことができます。

IYC認定キレイになるヨガ指導者養成コース