変わりゆく家族のカタチ

テーマ:
病み上がりで
昨日はヨガの練習とHPリニューアルの
打ち合わせのため都内に向かった


今春から師の元で練習を再開した私
最低でも月に一回は師の元へ足を運ぶよう
リズムを作ってきた


生活の質
指導の質を向上するために
自分に与えた約束のひとつである


話は遡り
先週の水曜日
なんだか咳っぽい1日
帰宅後から寒けはあれど熱は無し


翌日勤労感謝の日は絶対に代役のきかない
フォローアップ講座とYuko yoga practice


子供たちの送迎を父にお願いし
私は指導することだけに専念


その晩も悪寒と節々の痛みはあるが微熱
翌日はオフだし1日寝れば治るだろう…


朝から父に来てもらい
子供たちを送ってもらう
昼からはボンチャンこと
順子さんに来てもらい
一切の家事と子供の迎えなどをお願いする


全てを投げて
寝ていられるって本当に助かる
体調の悪い時にやる家事育児は
苦行でしかない


1日休んだ翌日土曜日
クラスは満員御礼…
熱は下がりきっていないが
父と順子さんの手を借りて
私がやるべきことだけに全勢力を傾ける


そしてこの日リンとレンも発熱し
保育園からお迎えの要請
母が日立から保育園に向かってくれた


翌日日曜日もクラスは満員御礼


大洗クラスは2017年ファイナルプラクティス
私は自分の情熱と使命をひたすら突き進む


私は自分の活動に誇りを持っている
私の使命は
人々の心と体に可能性を見出だすこと
社会で大いに生きざまを体現することが
貢献であり
使命であり
それによって喜ぶ人
幸せを感じる人が沢山いることを信じている


体調が回復するまでの間
優子サポートチームは総力をあげて
活動に集中できる環境を作ってくれた


順子さんにも両親にも
感謝の気持ちでいっぱいだ





順子さんも両親も私の情熱を理解している
両親(特に母)とは
私の妻として
母親としての在り方について
何度も摩擦が起きた


しかし今では私の情熱と才能を認め
出来る限りの支援をしてくれる


現在私の
仕事のパフォーマンスは
みるみる上がっているし
子供たちを叱責することはなくなった


やっぱり私はお父ちゃんだ 笑


妻として家庭を守る側にまわった
2度の結婚生活


力が湧いてくるどころか
内側に湧いたのは虚しさと枯渇だった


家庭のことを安心して任せられる
存在がいる今
私は無限に活力が湧いてくる 
可能性に向かって
いかほどにもチャレンジ出来る
自由さと喜びに満ちている


よーし!
やっちゃうぞー!
そんな気持ちだ。


そして思った。
私みたいな女性って
潜在的に沢山いるんじゃないかと…


シングルマザーは益々増えるだろうな


働くことが好きで
人に頼ることが出来るなら
家事分担を旦那に求める必要はなく
自分の良き理解者、応援者を見つけ
そちらにお願いした方が上手くいく


もはや家庭の仕事を夫婦で分担する
という考え方自体が古い。


人は争うために存在しているのではなく
繋がり、補い、助け合うために
存在しているのだから…


争いや分離が起こるなら
とっととその関係性を改め
新たな環境作りを目指すことが大切である


そして今日も風邪をひいている
3人の子供をボンチャンに託して
私は仕事に向かう
行ってきます
▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
■次回のYuko yoga practiceは11/29(水)
■次回のフォローアップ講座

宇都宮優子ヨガトレーニング及びヨガクラス

【小さな変化からはじめて女性の望む全てが手に入るプログラム Light life shift for women’s】

女性の生き方に変革を起こすトークライブ