情熱Journey その5

テーマ:
別に隠してきたわけではないけれど
私の10代はいわゆる『ヤンキー街道』
まっしぐら的な生活でした。


小学5年生の時に
担任の先生が私に言いました。
『無灯火で自転車を乗り回したり、
赤いベルトをして登校するのは
不良の始まりです』


当時の私としては何の悪気もなくとった
行動が不良の始まりと言われたことで
やけに『不良』の二文字に興味が
湧いてしまいました。



昭和50年代は不良が登場する
ドラマや映画がとても流行っており
『ポニーテールはふり向かない』
『不良少女と呼ばれて』
『3年B組金八先生』
『スクールウォーズ』
『スケバン刑事』
『ビーバップハイスクール』


娯楽として観ていた
テレビドラマの影響を受け
益々興味と憧れは
大きくなっていきました。


当時中学3年生の夏(14歳)。
スカートは足首まで長くして
すっかり不良気分。↓↓


気分というより
だんだん周りのみんなと同じ事を
出来なくなっている自分がいました。


いつも同じ時間に登校出来ない。
席についていられない。
音楽と体育以外は全くやる気が出ない。
なので机に突っ伏して寝ているか
教室に入らない。
トイレで過ごす時間が増え
もっぱらトイレが自分の城。
学校を抜け出し近くの駄菓子屋で過ごす。
校則に反する髪型や制服で自分を表現。
授業中廊下の端からロケット花火を噴射。
注目を浴びることで自己主張。
気に入らない後輩を呼び出し文句を言う。
対立しているグループとケンカする。
不良と言われる先輩との交流が深まる。


その反面、先生にはイキがって
『私は普通の不良にはなりたくないんだよ。ちゃんとやることやる不良になりたいんだよ』と言っていたのを
今でもハッキリ覚えています。


実際に体育祭では人一倍燃えていたし
校内の合唱コンクールでは
クラスのリーダーとして
みんなを積極的に統率していました。


勉強嫌いなので中3の夏休みまでは
偏差値42でしたが
当時市内の公立高校では
就職率も進学率も
嫁の貰い手もある(田舎だったので)
と言われていた女子高を受験すると決意。
半年間猛勉強して合格しました。



それをもって有言実行した私でしたが
高校に入学したものの
全く勉強にはついていけず…
というか勉強なんてする気はなく
アルバイトに精をだし
稼いだお金で
カラオケや飲み屋に
行くようになりました。



興味があるのは学校以外の世界。
昼は寝て、夜活動するという
逆転生活が日常になりました。







制服を着ている写真は寝てるものが多数。
私にとって楽しかったのは
バイト先のレストランが繁盛して
メチャクチャ忙しく働いている時とか
不良のレッテルを貼られている仲間と
遊んでいる時でした。



正直言えば溢れんばかりのエネルギーを
何に使っていいのか分かりませんでした。
世間一般で言われている
10代のやるべきことの中に
自分がやりたいことは
みつからなかったのです。



一般常識に逆らってやりたいように
やっている気持ち良さ。


親や先生からちゃんとしないさいと
言われてもそれに従えない



自分に対して膨らんでいく
自己否定感。


常識を押し付けてくる者への敵対心。
有り余るエネルギーは時折
大人たちとの摩擦という形で争いを
起こしました。


不登校、停学、自宅謹慎…
両親は何回学校に足を運んだか
分かりません。



そんな中
ある問題で両親と共に校長室に呼び出され
私はいつもの調子で
斜め45°目線の膨れっ面。



先生との会話のやり取りの中で
普段多くを語ることのない父が
口を開きました。



『優子はこのままでは絶対に終わりません。必ず自分の力で立ち直ります』


多分もう少し言葉はあったと思いますが
記憶には残っていません。
しかし、その言葉を聞いて私は
校長室で号泣してしまいました。



こんなにダメ娘なのに
お父さんは信じてくれてるんだ
私だってこのままダメ人間でなんか
終わりたくないよ
絶対に自分の道を切り開きたい



厳しいと思っていた父からの愛情を
しっかりと感じ取ったのでした。



若い頃柔道をやっていた父は
時折私と本気で向き合いました。




何度か投げ飛ばされたことが
今では良い思い出となり
記憶は父に対する
感謝と喜びに変換されています。



愛されていたなーと。



最近、学校の先生方にヨガを
お伝えする活動を通して
子供の頃の夢が叶っていることに
気がつきました。



私の将来の夢は体育の先生でした。
勉強嫌いなので教員免許を取り
教師になることはありませんでしたが
『ヨガ』を教えるという形で
学校で先生方に健康をお伝えしています。



もし体育の先生になっていたら
好きではない球技や陸上も教えなければ
ならなかったかもしれません。


しかし
今は大好きなヨガとトークだけで
活動が成り立っています。
そう考えると自分が苦手なことはやらずに
良かったと思えますし  
そもそも苦手なことは今までで
何一つ続いたものはありません。



やっぱり人生は自分の望み通りに
流れていると思います。



今の私を見ている方々は
学生の頃から
スポーツウーマンだったのでは?
と想像するかもしれませんが



高校時代は全く運動はしていません。
3年間全く勉強もしていません。



人はいつからだって変われます。
そして
変わる必要がないとも言えます。



結局は学生時代も20代も30代も…
いつだってやりたいことを
やってきました。



自分の体を酷使しまくったことも
自己否定しまくったことも
病気を患ったことも
心の病に苦しんだことも
全部自ら望んだこと。



経験したからこそわかったこと
学んだことが沢山あります。



人生の幸も不幸も自分の内側が
感じることであり


大切なのは
自分が幸せに生きるには
どのような選択をするのかに気づくこと。



そして行動すること。



今が幸せなら
どんな過去も幸せだと感じるし
続く未来は幸せなのです。
~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~

8/26(土)トークライブやります。
良かったら聞きに来てください。
☆宇都宮優子トークライブ☆

9/22(金)~24(日)リトリートやります。
喧騒を離れ自然の中でヨガしましょう。
☆Yuko yoga リトリートin涸沼☆

9/13(水)~11/22(水)
ティーチャーズトレーニング平日コース開催します。既にインストラクターとして活動している方、他のトレーニング修了している方のスキルアップとしてもご参加いただけます。☆ティーチャートレーニング☆

10/8(日)~12/24(日)
ヨガダイナミクス第2期開催します。ヨガインストラクターとしての活動を活性したい、自分に合った活動スタイルを明確にしたい、ヨガに携わる事業をしたい方、奮ってご参加ください。☆ヨガダイナミクス☆