情熱Journey その2

テーマ:
私はボディビル競技を通して、自分のメンタルの弱さを知りました。『ネガティブ思考から脱却しなければ、何をやっても極められない!』と今度はメンタルを鍛えることに意識を向け始めます。



そして始めたのがマラソン。走ることで精神を鍛えようとしたのです。フルマラソンにチャレンジしようと決めた理由は誰かが『42.195キロは人生の縮図を見れる』と言っていたらから…。



仕事はエアロビクスインストラクター、趣味はマラソンになった。しかし、マラソンの練習は全く楽しくなかった。筋トレは筋肉が育つ喜びがあったが、マラソンはタイムが縮まってもそこに喜びはなかった。


何故なら目的は精神を強くするという目的だったから。今振り返ればバカみたいに自分が嫌なことを自分に強いていた。



弱い自分ではいけない→
だから強くならなきゃ。


という方程式にズッポリはまっていた。


フルマラソン出場前、練習をし過ぎて疲労骨折。
→辞退なんて弱い自分は認めない。
→骨折したまま完走。
→初マラソン4時間12分。
→全く嬉しくない。何故なら仲間はみんな3時間台でゴール、本来の自分ならもっとやれたはず…と自分を全く誉めない。



富士登山競争に出場した際は初チャレンジで八合目19.8kmでタイムアウト。これが私にとって後にも先にもたった一度の富士登山。記憶に富士八号目の景色は残っていない。



しかし、このレースは割かし楽しめた方だった。あまりに過酷なレースなので、マラソン初心者だった私に仲間たちからの期待はなく『楽しんで走れ!』と言われていたからだ。    



五合目を過ぎたあたりから意識が朦朧として真っ直ぐ走れない(正確に言うと歩けない)感覚や、


レースを終えても八合目から下山しなければならなく…歩いて下りるのは過酷なので、急勾配の砂利道を茶色い土埃を舞い上げながら、転がるように駆け下りてきた記憶は今でも鮮明に残っておりとても良い思い出だ。


※富士山の麓、富士吉田市役所からスタートし走って山頂を目指すレース。全長21km。高低差は約3000m。



見事な自己否定他人軸人生!!

◯人に言われた目標設定に従う
◯人と比べる
◯他人からの評価を気にする
◯自分の感覚に従えない
◯快と不快を認識出来ないほどの麻痺
◯自分にとっての不快を選び続ける


超ネガティブワールドの住人だった私。
精神を強くすれば幸せになると思っていたのに益々ドツボにはまっていく。



体も心も緊張でコチコチだった。そんな私の体に起こったのは自分の細胞を攻撃してしまう自己免疫疾患…膠原病。全身の様々な場所に炎症を起こすというSLEという難病を患ってしまうのだ。


つづく…

~~~~~~~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~~~~~~~

8/26(土)トークライブやります。
良かったら聞きに来てください。
☆宇都宮優子トークライブ☆

9/22(金)~24(日)リトリートやります。
喧騒を離れ自然の中でヨガしましょう。
☆Yuko yoga リトリートin涸沼☆

9/13(水)~11/22(水)
ティーチャーズトレーニング平日コース開催します。既にインストラクターとして活動している方、他のトレーニング修了している方のスキルアップとしてもご参加いただけます。☆ティーチャートレーニング☆

10/8(日)~12/24(日)
ヨガダイナミクス第2期開催します。ヨガインストラクターとしての活動を活性したい、自分に合った活動スタイルを明確にしたい、ヨガに携わる事業をしたい方、奮ってご参加ください。☆ヨガダイナミクス☆