スピードワゴンのキャラメル on the beach

放送日時:毎週水曜日 27時00分~28時00分

メール:spw@tbs.co.jp

ハガキ:〒107-8066 TBSラジオJUNK2「スピードワゴンのキャラメル on the beach」○○係
出演者:スピードワゴン(井戸田潤・小沢一敬)

---------------------------------



【オープニング】

小:きたね~OK!OK!きたね~え~スペシャルウィークではございますけども~

井:パーッとやりましょうよ

小:ゲストも呼ばずプレゼントもなく~

井:うん

小:ただ 家から持ってきたCDをかけまくる~今日は「オザロックフェスティバル2006」の開催でございます

井:おぉ~

小:ありがとうございます。そして潤さんの担当は

井:私はですね~宿題を出したんです。リスナーのみなさんの夏の想い出を絵日記として書いてきていただきましたので

   曲と曲のあいだにしっとりと~

小:アハハ~~

井:紹介していこうかな~と思っております

小:俺もオザロックフェスティバルをやっていいと言われてね~「やりたい!やりたい!」とは言ったものの~

井:うん

小:本番前にね。ディレクターのムラさんに言ったんですよ「スペシャルウィークだよ」と~

井:うん

小:「いつもネタ書いてくれてるリスナーにコーナーやらなくて

  本来のキャラメルon the beachのリスナーはなれていかないかな~」って言ったわけですよ

井:うん

小:なんていったと思う?ウチのディレクター

井:なんて言ったの?

小:「しょうがないよね~」しょうがなくはない!

井:離れていってしょうがないわけないじゃない




【オザロックフェスティバル2006】

小:さぁ早速 1曲目いこうと思うんですけど~

井:お前は純粋やな~ほんとに

小:アハハ~~

井:音楽好きか?純粋やな~

小:それ誰のマネですか?

井:チッチキチーやで~

大:アハハ~~

小:おとついね~一緒の仕事あったんですよ

井:おぉ~

小:ず~とこだま師匠にね「お前はほんま純粋やな~」ずっと言われたね~

井:どの部分を見てそう言い出したのかわからないです

小:わからないけど~俺の楽屋での立ち振る舞いとかね~

井:うん

小:スタッフとかとしゃべってるところを見たらしくてず~っと・・・俺ね嬉しかったのは

井:うん

小:「君 純粋やな~」ってず~と言われてたじゃん

井:うん

小:「そんなことないです。汚れてますよ」って言ったら~

井:うん

:「いやっ!ますますファンになったね~」

井:アハハ~~~

小:なんか嬉しかったよね~こだま師匠に言われて~「まじっすか~」ってそんなことはいいんですよ

井:今週はあと何がありましたっけ?

小:ここで片付けちゃうの?フリートーク

井:いつもさ~今週の・・・

小:ポッドキャストがありますから~今週はオザロックフェスティバル・・

井:そっか曲かけるんだ





1: ザ・クロマニヨンズ, 『タリホー 』 (3、クロマニヨン・ストンプ)
小:クロマニヨンズの名前の由来をね~この前 雑誌で読んだの
井:うん
小:雑誌の情報だけどいい?
井:一応聞きます
小:超感動する
井:うん
小:ヒロトとマーシーが「じゃぁ明日までに名前を考えてこよう」って言ったの
井:お互いにね
小:うん。なんか居酒屋かなんかで決めてたらしいのね
井:うん
小:ヒロトが名前をバーッて言ってて「クロマニヨンズ」って言ったらマーシーが
井:うん
:「あっ!」って言ってポケットから「クロマニヨン」って書いた紙が出てきた
井:ホントかよ~!ホントかよ~
小:いやっ詳しくは今月号の「ROCKIN'ON JAPAN」 をご覧下さい。
井:まじで~
小:らしいよ~わかんないけど~
ROCKIN'ON JAPAN (ロッキング・オン・ジャパン) 2006年 09月号 [雑誌]



2:ザ・スター・クラブ,  『NOIZ ZONE 』 (16.イリーガル・ダイアル・696 )
小:名古屋のバンドでね~もう30年以上やってますよ~
井:長いね~今でもやってるの?
小:今もやってる。16(才)のときライブ観に行ったの     俺 中学校の時コピーしてたバンド
 ザ・スタークラブ『FINAL COUNT 』ってアルバムの時、ドラム叩いてたのがブランキー(BLANKEY JET CITY)の達也なの




3:ザ・ブルーハーツ『HIGH KICKS 』(7. ザ・ローリング・マン 1. 皆殺しのメロディ
小:先週 O.Aされました「ハニカミ」のほうでね~
井:あ~超気持ち悪かったやつね~
大:アハハ~~
小:渡部さんがビビッてたやつ
井:聞いてますよ
音譜魔法のような夏の日に~
小:「ハニカミ」の中で俺がね~「この歌詞がすごい好き」って言って
井:うん
小:オレが歌いだすのよ「魔法のように~」
井:えっ~~っ!?
小:超キツイ!俺も自分でO.Aみてキツイと思ったもの
井:あの「サライ」を大声で歌ってスタッフがざわついたくらいの歌唱力の小沢さんが~?
大:アハハ~~
井:歌を歌ったんですか?女性のために?
小:もうホントにいい曲 ブルーハーツのね~
井:うん
小:1番俺 ブルーハーツで好きな曲は「未来は僕らの手の中」
井:うん?うん?ローリング・・えっ?えっ?ローリングマンじゃないの?
:ローリングマンは2番目に好きなの
井:これを2番目にもってくるって聞いたことないねやっぱみんな「リンダ!リンダ!」でしょ?
小:『HIGH KICKS 』ってアルバム4枚目のアルバム
井:はい
小:これだけ明らかにバラエティにとんでるもんね
井:『HIGH KICKS 』か~
小:懐かしいでしょ?潤がさ~俺とコンビ組む前にやってたコンビが「マグニチュード」ってコンビなのね
井:出囃子が~
小:その時の出囃子が『HIGH KICKS 』の1曲目の「皆殺しのメロディ」って曲だもんね
井:そうそう

ザ・ブルーハーツ, 『THE BLUE HEARTS BOX 』(1. 未来は僕等の手の中  12. リンダ・リンダ




4:LINK, レヴォリューション・ロック  (11、戦争には行きたくない)

小:LINK実はね~このラジオで何曲もかけてるんだよね

井:うん

小:最近出た「ロマンチックサマー 」とか

井:どんなバンドさんなんですか?

小:よくは知らない ただず~と昔に「ジャケ買い」するのね~それ以来LINKのアルバム全部集めて~

井:うん

小:何曲かこのラジオでもかけてみたけど

井:へぇ~ジャケ買いって言うのがあるんですね

小:「ジャケ買い」って言葉は有名でしょ。

  おれ「戦争には行きたくない」わけよ。じゃぁどこ行きたいかって1個しかないわけよ

井:どこですか?

小:海!!


LINK, ロマンチックサマー



5:AIR 『A Day In The Life 』(4.海へ行く~go to the beach~ )
小:毎年ね~
井:はい
小:俺はね~「夏と海」をテーマにしたMDを作るの
井:えっ~っ!?
大:アハハ~~
小:オザサマー2005とか
井:勝手にそんなことやってるの?
小:そう勝手にアルバムつくってるんです
井:ほぉ~!
小:毎回メインの曲があるわけ 今年はこの曲でしたね~
井:あっこれがメインになったんですか?
小:おぉ~
井:へぇ~「AIR」ってこの人ひとりなんですね
小:そうですね。




6:THE BREAKERS 『涙のクールダンシング』

小:「ザ・ブルーハーツ」が結成される前、甲本ヒロトさんが「コーツ」というバンドをやっておりまして

井:うん

小:真島昌利さんマーシーね。「ブレイカーズ」ってバンドをやっておりました

井:あ~そう?

小:ブレイカーズの曲を行きます。涙の

井:テイカチャンス?

小:それは風見慎吾です。ブレイクダンスです。ブレイカーズです。私がかけたいのは

井:ブレイカーズかそっちか~





7:BLACK CATS『CREAM SODA PRESENTS 』(5. 1950)

小:原宿発ですからね~原宿の「クリームソーダ」とか「ピンクドラゴン」とか服屋さんのね
井:「ピンクドラゴン」は今でもあるでしょ?
小:あのね~昔「クラッシュ」って俺よく言うじゃん
井:はいはい小:イギリスのパンクバンド ロンドン3大パンクの1つ「クラッシュ」
井:うん
小:「クラッシュ」が日本に来たときに「ブラックキャッツ」のファンクラブ入ったからね
井:えっ?
:「ブラックキャッツのファンクラブにクラッシュが入ってるの
井:すごそうな話?
小:すごい話なんだって
井:俺「クラッシュ」わかんないから
小:日本で言う「ブルーハーツ」よ
井:へぇ~
小:若者達のカリスマだよ


8:COW COW 『ハッピー・エンディング 』(4.カウズ・マーチ

小:COWCOW

井:COWCOWさん?NSC12期の先輩じゃないですか?

小:COWCOWさん

井:笑瓶さんのモノマネでおなじみの

小:「COWCOW」さんのコンビ名なんで「COWCOW]さんっていうか知ってる?

井:牛が好きなの?

小:違う。「ラフィンノーズ」 ってバンドが昔ありましてそのPONというベース

井:PON?

小:そして「コブラ」というバンドがいまして~

井:あっ知ってる

小:コブラのヨースコー。ヨースコーとPONが組んだバンドの名前ががCOWCOWって言うんです

井:へぇ~

小:そのふたりに名前もらいに行ったらしいよ。たずねていって

井:PONさんとヨースコーさんがCOWCOWさんに?

小:逆!逆!!

井:逆?

小:そう。






9:ザ・ブルーハーツ 『伝染病』

小:どのアルバムにも入ってない曲です

井:なんで小沢さんが持ってるんですか?もういい加減なこというのやめてくださいよ

10:BO GUMBOS 『ベスト・オブ・ボ・ガンボス 』(1. 時代を変える旅に出よう
小:曲をきいて気に入ってもらえるといいなって思ってかけています。
井:「BO GUMBOS」俺ね~高校の同級生が聞いててね~素直に好きだなんて言えずに隠れて買って聞いてました
小:いいよね~ 




11:ホブルディーズ 『フロンティア兄弟と大富豪 』(夕陽の丘)
小:15・6(才)の頃かな「ブルーハーツ」を観に行ったわけよ
井:うん
小:「ヤバイ!出てくる」と思ったら汚い3人組が出てきたの
井:うん
小:「コント赤信号」かと思ったもん
井:汚くねぇだろ?別に
小:そしたらそれが「ホブルディーズ」で超カッコよかったよ。ウッドベース弾いてさ~
井:あっロカベリーだ
小:そうそう

井:締めて下さい「オザロックフェスティバル」そろそろ~時間ですよ

小:「オザロックフェスティバル」遂に時間がきてしまいました。次会う時は

井:うん

小:「オザロックオータム」もしくは「カウントダウンオザロック」のほうで

井:秋か年末にやるってことですか!?また~!

小:はい。しょうがない。しょうがないよね~

【エンディング】

井:いや~良かったですね~

小:いや~たまにはね~でもまぁ~来週からはつーじょう営業に

井:「つーじょう」?

小:つーじょう営業に戻しましょう。すいませんでした。いろいろ

井:絵日記を書いてくれた人には心のこもった「井戸田潤特製の手作り缶バッチ」を~

小:おっ(パチパチ)

井:まぁだからね~200個だったからね~まぁもらえなかった人もいると思いますけども~

小:そうだね~足りないもんね。200個じゃぁ~

井:200個じゃ足りないですよ。こちら差し上げますんでぜひカバンなど

小:えっ?

井:いろんなとこにつけていただければ

小:何?何?

井:なんですか?

小:70人しか絵日記 送ってきてないそうです

井:計算合わんがな~

大:アハハ~~

小:いいタイミングで矢沢がかかりました

井:130個ムダになっとるがな~オイ~!

小:今年の夏のロックフェスの最後はやはり矢沢永吉でしょ~

井:ふざけんなよ~おい~送って来い!もっと絵日記

小:矢沢永吉は「なりあがり」の中では「薬」のことを「リスク」と呼ぶ。カッコイイよね~

  リスクあることはやっぱ~薬を逆に読んでリスクって言っちゃうんだよね~矢沢は

  かっこいいよね~さぁ~のってくれ~

12:矢沢永吉, 『LIVE DECADE 1990-1999 』(13,止まらないHa~Ha )

井:ちょっと~130個 余ったじゃないですか~

小:どうします?じゃぁ「オザロック・オータムフェスティバル」のときの賞品にしましょうか?

井:とにかく有効的に使ってください。それともう1つプレゼントがあるんです

小:なんでしょう?

井:先週「トークボクシング」のときに着用したボクシングのパンツとグローブをセットでさしあげたいと思います

小:あと20秒

井:スピードワゴンのキャラメル on the beach さようなら

小:さようなら

-----------------------------------------------

<今週の選曲>
M1  クロマニヨンストンプ/ザ・クロマニヨンズ
M2  イリーガルダイヤル696/ザ・スタークラブ
M3  THE ROLLING MAN/ザ・ブルーハーツ
M4  戦争には行きたくない/LINK
M5  海へ行くからgo to the beach/AIR
M6  涙のCOOL DANCING/ブレイカーズ
M7  1950/BLANK CATS
M8  COW’S March/COWCOW
M9  伝染病/ザ・ブルーハーツ
M10 時代を変える旅にでよう/ボ・ガンボス
M11 夕陽の丘/ホブルディーズ
エンディングナンバー 止まらないHa~ha/矢沢永吉

ポッドキャスティングではOZA ROCKフェスティバルふりかえりと24時間テレビでのちょっとしたエピソードです。

ダウンロードは<コチラ