世の中が明るくウキウキした状態で、何となくみんながハッピーな雰囲気の時に、多くの人は資産運用を始めようとします。雰囲気だけで儲かる気分になるのでしょうね。

 

ところが運用の世界では、これは間違った選択になります。

 

えっ、なんで…と思われるでしょう。それは、運用はリスクを取ることで成果を得る手法だからです。

 

どういうことでしょう。

 

誰もがもうかる状況だと、何となくですがリスクは感じられませんよね。リスクはないような錯覚にも陥ります。

 

世の中絶好調と感じる背景には株価が大きく上昇しているときです。

 

世の中が絶好調のように見られる時こそ、資産運用は慎重になるべきなのです。なぜなら、株価は上り詰めたら次に待っているのは下落だからです。

 

なぜ株価絶好調は続かないのでしょう。

 

株は持っているだけではただの紙切れです。もっとも株券は存在しませんが、株は現金に換えて初めて価値が出るのです。

 

したがって、株価絶好調の時は利益確定の売りが多く見られます。売られると株価は下がりますよね。高値で買った人はあわてて持っている株を売ります。

 

これが株価下落の連鎖なのです。

 

わかりやすいので株にたとえましたが、じゃあ絶好調の時にお金が儲かる人ってどういう人なのでしょう。

 

それは世の中絶不調の時に株を買った人たちです。

 

今一番儲かっている人は、あのデフレと呼ばれた時に株を買った人たちなのです。


運用はリスクを取ることで成果を得る手法と説明しました。

 

だれも見向きもしない、資産運用なんて考えない時に運用を始めるのって勇気が要りますよね。でもこのときが一番のチャンスなのです。

 

運用は未来を買う作業です。

 

今から先の時間に投資するのが運用です。いまは駄目でも、将来は良くなるという期待に投資するのが運用です。

 

当然未来はわかりません。このわからない世界に飛び込むことがリスクなのです。

 

もっとわかりやすく言うと、リスクを取るということは「含み損」を覚悟することなのです。資産の目減りを受け入れる勇気を持つことです。

 

運用において、百戦連勝はあり得ません。

 

もちろんそれを目指しはしますが、現実は多少の損は抱える時期は経験させられます。そこであきらめないで耐えるのです。

 

資産運用をしない人の多くは、資産が目減りすることを嫌がります。1円でも減ることを嫌いますよね。そこを克服することが重要なのです。

 

つまりリスクを取るということは、含み損を受け入れるということで、それは自分で覚悟しなければならず、人に言われることではありませんね。

 

人が見向きもしない時にこそ、宝は転がっていて、収益を得られるチャンスがあるのです。そう信じてみてください…