銀行や郵便局、生命保険会社等、いままでリスク商品を取り扱ってこなかった金融機関が取り扱う初めてのリスク商品が投資信託です。

 

金融機関出身者だけでなく、税理士や社労士の専門職だけでなく、専業主婦からリタイアした年金受給者まで、まさに全てのあらゆる人が取れる資格がファイナンシャルプランナー(FP)で、その彼らが進める金融商品もやはり投資信託が多いです。

 

ここから判断できることは、投資信託は、販売する側にとって取り扱いやすい、いままでリスクと向き合ったことがない人が人に勧めやすい金融商品というイメージが伺えますね。

 

すごく穿った見方かもしれませんが、おそらく投資信託にまつわるトラブルは、このことに全ての答えがあるように思われます。

 

販売者側のリスク認識が非常に甘く、リスク商品知識が低く、販売する立場、販売する機関の信用だけで投資信託を取り扱っているのではないかということを理解することが大事です。

 

それが私たちの金融リテラシーを高めることであり、それが自己防衛になるということです。

 

投資信託を買うということも、大切なお金を投じることですからね。

 

そう考えると、

 

   退職金ではじめての運用をする...

 

という姿勢が一番危なく、それは「何も勉強しないで」という前提つきですが、

 

   銀行に預けていても増えないから投資信託を買う...

 

という発想がすごく危険だということがお分かりいただけますでしょうか。

 

投資信託は、銀行や郵便局で取り扱っているから元本保証の商品だということではありません。

 

投資信託は、個別銘柄投資よりもリスクが低い商品でもなければ、マーケットのことを何も知らなくてもよい商品でもありません。

 

投資信託は長期投資専用の商品ではありません。それ以前に、長期投資自体が安全な投資手法ではありません。

 

まずはそこをよく理解してください。

 

販売側は、リスクを強調すると投資信託が売れないという思いが根底にあります。

 

   勉強しなくて良い...

   長期投資だから安心...

   プロに任せるから大丈夫...

 

これら全て販売者側の投資信託販売のための「セールストーク」であることを理解しましょう。

 

投資信託そのものを否定しているのではなく、投資信託にお金を投じるにも、十分の理解と、少なくともリスクの理解は大事で、マーケットを知ることは不可欠だということを分かった上で購入すべきもので、

 

   投資信託は買ったら、そのまま何ももしなくてよい金融商品

 

では決してないことだけは理解してください...