投資とか運用とかをひとくくりで解釈するのではなく、自分の立ち位置を理解してこれらの言葉を捉えることが大事です。自分のたち位置とは資金力であり、知識(マーケット熟知度)の度合いによるものだと思います。

 

ことばのイメージですが、「投資」は資本(資金)を投じると書いてありますが、投じる先は金融市場だけでなく、事業への投資もあります。「自分への投資」という使い方もありますが、ここではすぐに(時間経過はいろいろありますが)目に見えてお金が殖えることが確認できるものを対象とします。投資額と成果が客観的にかつ具体的に検証できるものとします。

 

運用は「今ある資金を殖やす」イメージで、資金の額によって運用方法は異なると理解してください。これも具体的な金額という数字で理解できるもので、制度運用とか組織運用という概念的なものは省きます。

 

まず努力なしにお金を殖やすことはできません。勉強しないで、運用対象に対する知識なしでお金を殖やすことは不可能です。

 

そこは共通認識としてください。「楽して儲けよう」「何もしないでも殖える」という思いは捨ててください。詐欺以外、そんなものは存在しません。システムトレードがもてはやされていますが、成功を確約されているものは無く、当然エラーも受け入れることになると思います。

 

金融機関は、投資商品販売のために運用への誘導を、実に安易に行っています。リスクに対する腹くくり、損を抱える忍耐を一切説明していません。FPは長期投資を盾に、目先のマーケットを見る必要がないと説明しています。

 

これもイメージですが「大切な資産の運用」というだけで、なんとなくリスクを取らないイメージを与えています。投資や運用はリスクを彷彿させ、資産運用という言葉になると、何t無くリスクがマイルドに捉えられそうだと、ある金融機関の人から聞いたことがあります。「大切な資産」とつけると元本保証を勝手にイメージしてくれるらしいです。

 

そう言われると、銀行や郵便局などリスク商品販売に慣れていないところは「資産運用」という言葉を多用していますね。

 

少ない手元資金を殖やすには、レバレッジ効果を利用することが効果的で、トレード手法で手元資金を積み上げることに重点を置いたほうが良いでしょう。手元資金が少ない資金は短期トレードで資金を回すことで、より早く投資にまわす資産を構築するイメージを持つことです。

 

ここで短期トレードに必要な知識は「マーケット分析力」です。チャートを読み解くテクニックを磨くことです。

 

移動平均曲線を利用した「グランビルの法則」や、ローソク足形状から次の動きを予想するテクニカル分析法を学びましょう。

 

「お金を殖やしたい」という思いの前では、好む好まないの選択はありません。必要なら「やる」、ただそれだけです。分からなければわかるまで学ぶことです。「難しい」と思うなら理解しましょう。

 

それが嫌ならトレードはしないでください。「かもられる」だけです。

 

投資段階に入ればマーケット環境、経済動向の把握、政治の理解、政策チェック、株式投資なら企業分析が重要になってきます。

 

投資家は、資格試験はなく、研修期間もありません。マーケットはプロアマ混合の場で、ベテランも初心者も性別も年齢の区別もありません。混沌たる戦場なのです。

 

勉強もしない無防備で、裸で戦場に向かうようなことは辞めてください。

 

トレードは弱者からお金を吸い上げることで、投資はみんなで儲けるという側面もあります。

 

どう考えようと自由です。投資で成功したいのなら、運用でお金を殖やしたいのなら、努力を惜しまず汗をかいて、気合を入れて戦いましょう...