マーケットの動きが微妙...

テーマ:

 

米中首脳会談で米中貿易戦争一時停戦となり、マーケットはリスク・オンになるかと思いきや、90日の猶予を設けただけで、その後は不透明のままという現実から、リスクを積極的に取りにいけない微妙な状態となっているようです。

 

その90日に関しても、いつから起算するのかがはっきりと決まっていないようで、2019年1月1日から90日間だとか、4月1日から90日間だとか言われていて、ある意味「いい加減」な取り決めだったようです。

 

来年の3月からは中国では全人代が始まりますし、トランプ大統領の振り上げたこぶしに深い意味があったのか、将来的見通しがあったのかと思いたくなるような状況です。

 

マーケットがリスクを取りづらいことの表れとして、米10年債利回りは低下しています。3.00%を割って2.95%で推移しています。株価は下落です。

 

Brexitの行方が不安という要素もあってユーロが売られているということもあるでしょうが、ユーロ/ドルも微妙で、ドル/円も微妙、今日はアジア株下落を確認した10時30分ごろから円が買われました。

 

多くの市場関係者が、米中首脳会談結果を受けて、今週は円安株高を予想していました。

 

それまでの織り込んだポジションの解消売りも手伝い、今のところは微妙な動き問い表現がぴったりなのかもしれません。

 

昨日は配信の情報誌です。ライザップを特集しました。初月1ヶ月間は無料(月額324円)で購読できます...


************************************************************************
       らぽ~る・マガジン 第341号(2018.12.3)
    -「らぽ~る」は、情報を通じての皆様との架け橋です-
************************************************************************

    目次
     1,今週の重要指標&予定
     2,わかりやすい経済のはなし
        ○米中首脳会談
        ○ブエノスアイレスG20閉幕
        ○日ロ首脳会談
     3,いま話題のニュースの裏側
       ライザップに何が起こったのか ~ M&Aによる事業拡大のはて
        ○RIZAPグループとして事業拡大
        ○M&Aに関する社長のコンセプト
        ○負の“のれん”
        ○ワンダーコーポレーション買収から雲行きが…
        ○M&Aのリスク
        ○カルビーからの救世主
        ○70歳のプロ経営者から学ぶ40歳の創業者
     4,今週の相場シナリオ(私見)
     5,よもやま話~近況

************************************************************************