中国習近平国家主席による、海南省博鰲(ボアオ)で開かれている「博鰲アジアフォーラム」年次総会での開放拡大を強調、市場参入緩和、自動車関税「大幅引き下げ」 発言...

金正恩北朝鮮労働党委員長との会談...

トランプ大統領がツイッターでシリアに対する軍事攻撃の可能性について、「すぐかもしれないし、全くすぐではないかもしれない」と述べたこと...

 

マーケットが今一番気にしている

   米中貿易摩擦

   シリア攻撃による地政学的リスク

   北朝鮮問題

に感して、どれも緩和的方向をイメージさせるニュースが流れたことで、マーケットはリスク・オンの動きとなりました。

 

株価上昇、ドルは変われ、米10年債利回りは上昇です。

 

米長期金利は2.84%まで大きく上昇しました。

VIX指数は20を割り込みました。

 

利益確定売りや、下げ加速予想で売り仕掛けのロスカットなどのポジションを巻き込んで、更に上に向かうのであれば、上昇に勢いがあると言えるでしょうが、それはまだ確認中ですかね。

 

ドル/円は、107円台となり107.40円台まで円安ドル高となり、足下では107.20円台となっています。

 

トランプ大統領がTPPに参加するかもという情報もあり、いやはやどうなることやら。

 

シリア攻撃は英仏も巻き込む方向で動きそうで、これが米露戦争につながらなければいいのですがね。

 

米中貿易戦争に米露シリア紛争、まさに今の世界構図そのままなのかもしれませんね...