今週の日経平均株価は、三桁の大幅上昇でスタートしました。先週末のNY市場高騰の流れを受けての上げでしょうかね。

 

日経平均の先週の動きは
3/5(月) -139.55
3/6(火) +375.67
3/7(水) -165.04
3/8(木) +115.35
3/9(金) +101.13
まあ上がったり下がったりが激しい一週間でした。

NYダウも激しかったですね。
3/5(月) +336.70
3/6(火) +9.36
3/7(水) -82.76
3/8(木) +93.85
3/9(金) +440.53

米朝会談実施報道がマーケットを押し上げているようです。

 

先週末の米雇用統計でも、非農業部門雇用者数が市場予想を大きく上回る31.3万人増(市場予想は20.5万人)でした。

 

ただ失業率は0.1%悪化、平均時給の伸び市場予想0.2%増を下回る0.1%増でした。

今日は何と言っても、朝から森友問題のニュースばかりです。もはや大阪の小学校開校をめぐる話から、財務省の不正、国家のあり方にまで話が大きくなってきています。

 

報道によれば財務省は今日の午前に、学校法人「森友学園」への国有地売却の決裁文書に関する調査結果を与党幹部に報告したとあります。

 

財務省や近畿財務局が途中で書き換えた文書は14あり、森友問題が浮上した昨年2月以降に書き換えられた文書も含まれていたとのことで、まあ前代未聞の出来事です。国会答弁との整合性を図るため、関係者が意図的に書き換えた疑いが濃くなったと報じています。

 

これは財務省が出す資料は信用できないと言うことです。財務省は国家の財布を預かる大事な部署ですよ。私達の税金を管理しているところですよ。

 

文書の原本は背任や公用文書等毀棄容疑などで告発を受けた大阪地検が近畿財務局から任意提出を受け、保管していたようで、関係者によると、捜査当局が原本の写しを財務省に提供したと報じています。

 

複数の政府関係者によると、4人の政治家の名前を含む記述を削った例も見つかったとか。財務省の調査では文書の国会提出時に理財局長だった佐川宣寿・前国税庁長官の関与も判明したとしています。

 

安倍昭恵総理夫人お名前も削除されていたとの情報もあります。

 

佐川氏逮捕の噂もかなり信憑性を帯びてきた感じです。

 

でも佐川氏を逮捕したところで、この問題が解決したことになるのでしょうか。

 

今日は候の情報誌にたっぷりとこの問題を書きました。よろしければ是非お読みください。問題の本質はないかを考えています...

 

************************************************************************
       らぽ~る・マガジン 第303号(2018.3.12)
    -「らぽ~る」は、情報を通じての皆様との架け橋です-
************************************************************************

    目次
     1,今週の重要指標&予定
     2,わかりやすい経済のはなし
       ○ 今マーケットでなにが起こっているのか
          ・韓国・北挑戦首脳会談開催で合意
          ・米国・北挑戦首脳会談開催で合意
          ・北朝鮮を信用するのかどうか
          ・米国による鉄鋼・アルミニウム輸入関税強化
          ・ゲイリー・コーンNEC委員長辞任
     3,いま話題のニュースの裏側
        森友問題、とうとう死者が出ました
          ・籠池理事長の行動にも問題はありました
          ・忖度である限り真相にたどり着くのは難しい
          ・政治スキャンダルには必ず死者が出る
          ・未必の故意
          ・官僚の忖度は、官邸が人事権を握ったことにある
          ・森友問題は政局につながるのか
          ・追加:「昭恵」夫人の名前が消されていた
     4,絶対に“億り人"になる!!
          ・想定通りに動かないのがマーケット
     5,今週の相場シナリオ(私見)
     6,よもやま話~近況

************************************************************************

 

購読はこちら、いまなら1ヶ月無料です。

 

トップの画像、天使と悪魔、この日本はどっち...