NY株式市場は三指数とも上昇、大きくはないにしても上昇です。日本市場は下落でスタートです。

 

ドル/円で急劇な円高に見舞われ、108円を切って107円台半ばで推移しています。

 

円が買われているのかドルが売られているのか...

 

ユーロ/ドルはNY市場では横ばいでした。ドルインデックスは低下しているので、ドルは売られていると判断できそうです。

 

ドルが売られている理由はなんなのか。

 

予算教書で米財政赤字拡大がはっきりしたことへのドル売りなのでしょうかね。

 

黒田日銀総裁続投報道で円高が進むというのはどういうことか。今までの緩和政策継続という認識ではないのか。それともステルステーパリングから政策変更の思惑が抜けていないのか。黒田総裁続投で、思惑のまま引きずっているということかな。

 

リスク・オフの円買いか、円ショートポジションの巻き戻しが続いているのか。

 

原油価格はやや下落、金価格はやや上昇、米10年債利回りは2.80%で推移しています。VIX指数は少しずつ低下しているようです。

 

パウエルFRB新議長の言葉もあまり影響なさそうで、まだ調整は続いていると言えそうです。