今マーケットで何が起こっているのか...!?

世の中何が起きているのかを、なるべくわかりやすく語る広場です。単なる時事解説や用語解説ではなく、知っておいた方がいいという内容を、身近な話題に置き換えて語っています。
ファンダメンタルズ分析の参考になれば幸いです...


テーマ:

 

昨日の日経平均株価を、時間経過とともに数字で見てみましょう。

 

始値 22,989.44円

高値 23,382.15円(前場)

安値 22,522.83円(後場)

終値 22,868.71円

 

高値と安値の幅は859.32円でした。

 

ちょうど一年前の2016年11月9日は

 

始値 17,281.95円

高値 17,427.71円

安値 16,111.81円

終値 16,251.54円

 

高値と安値の幅は1,315.87円でした。

 

この日は何があったのか...

トランプ大統領が選挙でクリントン候補を破った日です。

 

さて、昨日何が起きたのか。

 

オプション価格から算出する日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が午後に入って一段と上昇し、前日を3割近く上回る21台に上昇(4月17日以来約7カ月ぶりの高さ)し、これがきっかけで短期志向のプログラム売買を行う海外投資家から株価指数先物などに売りが増えたということです。

 

システムトレーディングのせいだったのです。データにコンピューターが反応して自動売り取引が作動したようです。

 

ここまで一方向に、しかも急劇に株価は上昇し続けてきましたからね。

 

改めて、日本市場は海外投資家の土壌だということを思いしらされますね。

 

それで今日も日経平均株価は300円近く値を下げてはじまりました。

 

ドル/円は113.40円台で推移しています。円高ですね。

 

昨日のNY市場は、上院で税制改革案を2019年から実施と先送りしたとの報道を受け、NYダウは三桁の下落でした。

 

これもドル売り要因となりました。一時ドル/円は113円ちょうど近辺までドルが売られました。

 

日本市場はどこかで調整の機会を伺っていたのでしょう。調整らしきものが無い中での上昇は、投資家にとっては非常に気持ち悪くてしかたがなかったと思います。

 

十分に下げたところを拾いなおす動きも見られるかと思いますが、それも米税制改正のゆくえにかかっています。

 

上下院調整結果が出るまではちょっと不透明感が増すかもしれません。

 

サウジアラビアの動向も気にしておきましょうね...

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

rapportさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。