欧米中央銀行による金融政策が注目され、ユーロやドルは、その政策の行方に右往左往させられています。

 

金融政策は、欧米中央銀行関係者の発言からマーケットは推し量ろうとしていて、その発言無いように注目が集まっています。

 

日本銀行は、とにかく長期金利をゼロにする政策を続けていますので、日本だけが安定的低金利を持続しています。

 

それゆえ日本円で資金を調達して海外投資を行う円キャリートレードが盛んに行われているようです。

 

本来ならこれは円安要因なのですが、欧米での利上げスケジュールが微妙に変化すれば、ドル買いやユーロ買いポジションは反転するでしょう。

 

一番マーケットが動くのは噂段階で、「思惑」で押し上げて「事実」で確定されるので、実際に利上げとなれば、買われたユーロやドルは売られるでしょうね。

 

ポジションを持っている投資家は、常にこういった状況を神経質に見ているのでしょう。

 

トレーダーの慢性病は胃炎だという人もいますが、確かにプロのトレーダーは細身の人が多いような気もしないではないです。

 

神経が磨り減る仕事ですよね。

 

株式市場は、中央銀行の利上げ後退機運は歓迎のようです。