こんにちは。

 

豪雨で大変な被害が

西日本で出ています。

日常生活に戻れるまで

まだ見当もつかない状況です。

 

鬼怒川堤防決壊のときも

大災害を引き起こしましたが

集中豪雨は、これからもっと

増えていくのかもしれないです。

 

 

 

胸が痛みます。

 

募金は各方面で始まりましたが

早くライフラインが復旧しますように。

 

 

上の写真は、

赤坂氷川神社。

あの勝海舟の鎮守様。

近所に住んでいた勝海舟が

しょっちゅう参拝に来ていた。

幕末好きがよく訪れる神社。

 

 

 

 

今日の話題です。

 

私の前の派遣先に

デキる新入社員がいました。

 

 

久しぶりに

彼の話題がLINEで出たので

匿名でそのお話を。。。

 

 

彼は簡単な仕事でも

自分なりに

工夫して行う社員でした。

 

例えば

コピーを頼んだとする。

月次報告書だったら

コピー機で並んでいるときに

きちんと目を通し

数字と内容をアタマに入れておく。

 

だから、定例会議では

指示されなくても先に

必要な資料を

バッチリ人数分用意していた。

・・・他にもある。

 

 

 

誰に言われたわけでもない。

 

こうしたらいいかな?

と、先にひと工夫するんです。

 

当然、役員クラスの中でも

彼はすぐ有名になった。

 

私たちは、

「あの子、出世するよ。

サインもらっとく?」

と、冗談でいつも言ってた。

 

 

楽しく努力してるんですよ。

 

 

 

 

 

 

今回、私が書きたいのは

現実の努力も必要です、

ということ。

 

 

 

 

 

 

日常の仕事においては

上記の彼のように

日々工夫して

向上心のあるひとが

まずはアタマひとつ出ます。

 

 

え?そんなにうまくいかないって?

 

 

ええ、そうですね。

予定通り努力通りに

上に行けないのが

組織の真っ黒さなんですね。

 

 

 

 

 

でも彼はまだ23歳ですので

今の上の世代から

入れ替わる未来には

組織も変わってくるかもしれない。

 

外国人社員も多くなってる。

実際、私の会社員時代は

外国籍の社員が多かった。

海外事業部なんて

英語やら北京語やらが

飛び交ってました。

 

 

 

時代はどんどん進んでいく。

 

 

 

ですので、

「私はこうだから」と

自分像を握りしめないで

しなやかに軽やかに

変容しながら生きていく。

 

 

 

本来の自分は

自分が思っているよりも

想像以上のチカラを持っています。

そのチカラに

現実の努力をプラスする。

 

逆に、どんなに努力してても

本当の自分のチカラを

疑っていたら

いつまでも限界を

超えることはできない。

 

 

 

ビジネスだけじゃなくて

色んな世界で

この両輪のチカラが

必要なんじゃないかなあと

私は思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

天才ではない私は

自分を信じ

努力しています。

(;´▽`A``

 

 

だって近い未来の

ライバルは

隣の同期じゃなくて

人工知能かもしれないのですから。

 

 

 

 

 

才能は天からのギフトです。

どんなギフトがあるのか

見つめてみませんか?

 

可能性を常識や年齢で狭めちゃうのは

なんか勿体ない気がする。

 

 

クリックを頂けると有難いです。


生活・文化ランキング

 

私のホームページです。

おヒマなときにでも

覗いてみてください。

いつかお会い出来ますように。

 

 

HP「木漏れ日だより」