こんにちは。

 
まずは、前振りの話を。
 
 
 

 

 

私は、どこの宗教団体にも

入っていません。

 

どこのスピリチュアルセミナーの

講師にも師事していません。

 

ただオーラソーマはきちんと

受講して資格を取りました。

でも、ここ組織とは微妙に違う。

 

 

色々学んできたし

お世話になってきましたが

今は、学んできたことを

自分の中で咀嚼して

ブログ書いてます。

 
 
 
ロヒンギャ難民の支援を
「特ダネ!」で観て
叔母が心を痛めていました。
微力ですが、
私も協力させていただきます。
 
 
 
下の絵画はミレーの
フリー画像からお借りしました。
 
 
収穫を祈る農夫の
敬虔な祈りの絵。
 
 
・・・で、今回の話は

「祈り」です。

 
今まで記事に書きませんでしたが
私の母の妹
つまり叔母はイスラム教徒です。
 
どうして、その信仰に
入っていったのかは
未だに知りません。
 
40年位前(たぶん)に
「アラブに恋して」
(間違ってたらごめんなさい
合っていると思うけど)
という、
今は絶版になっている本を
書いたりしていました。
 
 
 
 
イスラムの信仰を持ち
同じ信仰を持つ日本人と
結婚しました。
 
両親や私の母など姉弟たちは
叔母の信仰が原因なのか
少し距離を置いて
付き合っていました。
今は都内で暮らしています。
 
 
 
 
食品も近所のスーパーで購入せず
ハラール認証がある
食料品を買っています。
 
 
身内とは付き合いが少なくても
とても私の妹(姪)の
病を心配して
日々祈っています。
 
アラーが叔母の祈りに
応えて下さるのかは
判りませんが
日々祈ってくれています。
 
食べるものも、生活習慣も
日本で信仰を貫くのは
しんどいと思うのですが
「神」のために辛くないようです。
 
 
 
 
 
かなり以前の過去記事に
書きましたが
私と妹はキリスト教会の
日曜学校に通っていました。
 
親の愛に恵まれない私に
牧師夫妻は
「タカコちゃんは神様から
愛されているんだよ。
決して一人じゃないんだよ。」
と、言い聞かせてくださり
この愛のおかげで、
私は非行に走ったり
自殺に追い込まれないで済みました。
 
 
 
今でも感謝してますし
「まもなくかなた~の~
ながれのそばで~」の
讃美歌は今でも大好きですし
歌えます。
 
でも、クリスチャンにならず
すみません。。。
 
 
 
イエス様ありがとうございます。
 
 
 
 
私が、オーラソーマのコンサルを
行うようになってからは
お客様方が妹の病を
神社仏閣で祈祷して下さり
御守りやお札をコンサルのときに
持参して下さって
「祈っています。」
と、有難いお言葉と心を
頂きました。
 
妹はそれを聞いて病院で
泣きました。
面識もないひとが自分のために
祈ってくださっていると。
 
本当にありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
宗教関係の方で

唯一いまだに親交があるのが

創価学会の

婦人部の方です。

とても明るくてハキハキしていて

私は彼女が大好きです。

本当にお世話になっています。

 

 

 

もうね、私相手に

ずっと折伏を頑張って

下さっていますが

私は未だに信心せず

伊勢神宮参拝に熱を上げ

オーラソーマやっている。。

 

 

 

両親も他界し結婚もせず

一人で暮らしていてる

私のことをマジで心配して

くださっていている。

 

 

 

会社員時代、勤務先の

会社には

「社会部」という創価の

組織があって

集まりがあったのですが

 

 

私はいつも声を

かけられていたんですよ。

 

 

 

いや・・入りませんけど。

('◇')ゞ

 

と、お断りしていても

気を悪くするわけでもなく

ずっと親しく接してくださった。

 

 

 

 

パワハラやセクハラに

悩んだ時には

社会部の学会の方々が

動いてくださったし

 

ストーカー被害で

(昔は色々あった。。)

警察に被害届を出したときも

地域の婦人部の皆さんが

相談にのってくださったんですよ。

 

 

 

 

でも・・・入らない。。。

申し訳ありません、と

思ってました。m(_)m

 

 

 

 

選挙のお願いも来ますが

それは考えます、と

お答えしていても

気を悪くしないで接してくださる。

 

 

 

 

信仰って何だろう。

 

 

 

 

・・で、
信じるかはアナタ次第ですが
お客様方の神社仏閣での祈りや
叔母や牧師さんや
創価の婦人部の方が
祈って下さっているからか
妹は元気に
なりつつあるんです。
(完治はまだですが)
 
 
 

 

 

祈り・・って何だろう。

 

 

 

 

祈るって、想像以上に

エネルギーがいる。

時間もかかる。

それを知らないひとのために

費やす心が凄い。

 

 

 

 

 

ああ、だから

これらの宗教団体は大きく

なっていったんだな。と

思ったりします。

 

人との繋がりが

希薄な時代になってくると

宗教を通じて心の交流を

していくのかもしれない。

 

団結心凄いですもんね。

 

 

 

 

 

すみません。。。

私は、これからも

イスラムもプロテスタントも

創価へも入会は

しないと思うのですが、

 

この拙いブログを通して

御礼申し上げます。

 

いつもありがとうございます。

m(_)m

 
 
 
 

 

 
「祈り」のチカラは
「命」のチカラでもある。
 
 
皆さまとのご縁に感謝します。
 
 
 

 

このお地蔵様にクリックを頂けると

とても有難いです。。。


生活・文化ランキング